FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


月刊スポーツメディスンで連載していただいている久木留毅先生のトークショーが今月28日(木)19-21時、イオンモール幕張新都心店グランドモールの1F蔦屋書店の文具カウンター脇にあるイベントスペースで開催されます。『Think Ahead トップスポーツから学ぶプロジェクト思考』という新刊書発売記念でもあります。

お相手は、水梨利雅氏。ソニーでSmart Tennis SensorやSmart B-Trainerを発売、スポーツエンタテインメント事業を立ち上げた人。入場無料なのでお近くの人はぜひどうぞ。
スポンサーサイト



第40回テニス・メディカルセミナー

日程/7月25日(土)

時間/午後1時30分~7時30分

会場/味の素ナショナルトレーニングセンター大研修室(東京都北区西が丘3-15-1)

主催/日本テニス・スポーツ医学研究会

共催/(公財)日本テニス協会

主管/(公財)日本テニス協会 医事委員会

内容/講演
1.加圧トレーニングについて
演題1「加圧トレーニングのグローバル化とテニス競技における将来性」
佐藤義昭(加圧国際大学学長・一般社団法人日本加圧トレーニング学会会長)

演題2「加圧トレーニングの効果と安全性」
中島敏明(獨協医科大学病院ハートセンター教授)

演題3「加圧トレーニングのスポーツ障害への応用」
平泉 裕(昭和大学医学部整形外科学講座 教授)

2.加速度トレーニング パワープレート
演題1「整形外科リハビリにおける加速度トレーニングの臨床効果」
    大友通明(医療法人 二柚会 大友整形外科)

演題2「運動器疾患における加速度トレーニング装置を用いた治療」
     島谷晋治(サントリーサンバーズチーフトレーナー)

※公認指導者研修ポイントを2ポイント取得できます。

定員/200名(先着順)                                                 

受講料/1,000円 (当日会場にて)

申し込み方法/1.下記E-mailにて:E-メールにて受講証をお送りします。プリントし当日受付にご持参下さい。
なお、この場合貴アドレスを登録致し、以降のセミナーのご案内をメールにてお送りします。

2.往復ハガキ:下記事務局の住所に往復ハガキにて申し込む。返信用ハガキにより受講証をお送りします。  

※メール・ハガキご記入事項:①氏名、②連絡先住所、③電話・FAX、④所属、⑤資格、⑥ご質問があれば具体的にご記入下さい。

問い合わせ/(公財)日本股関節研究振興財団内 テニス・メディカルセミナー事務局
〒154-0011 東京都世田谷区上馬1-13-11 
(公財)日本股関節研究振興財団内 テニス・メディカルセミナー事務局(担当:高橋)
TEL:03-3412-8818
E-mail:jtsm-office@umin.ac.jp  
第2回Genki REHA イベント
いつまでも健康でありたいを実現する
--6年間の実例からの提言


日程/5月27日(水)

時間/午後1時30分より

会場/京都アクアリーナ1F Genki REHA内(京都市右京区京極徳大寺団子田町)

内容/①講演会:姿勢やバランスの重要性など
②リハビリ体験:姿勢改善のリハビリや体操など
③個別相談(予約制):体の不調や痛みなどを個別相談でお聞きします

講師/吉村直心(理学療法士、元氣整骨院、Genki REHA、やまぎわ整形外科)

参加費/無料

問い合わせ/Genki REHA
TEL:075-315-2127
E-mail:genkireha@gmail.com