スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.192(2017年7月号)←詳細&購入はここ!
SQ192.png 特集『特集 陸上短距離
──パフォーマンス向上とケガへの対応
 
1.「ランニング(短距離)による肉離れの疫学・治療・予防」
金子晴香・順天堂大学 整形外科・スポーツ診療科
        
2.「陸上競技選手のケガへの対応とコンディショニング」
伊藤由記子・治療院ミムラ
 
3.「陸上短距離選手のパフォーマンスとケガ」
――指導者としての見方、指導のポイント
苅部俊二・法政大学スポーツ健康学部教授、同大学陸上競技部監督、元400mH 日本記録保持者、日本陸上競技連盟オリンピック強化コーチ

カコミ「肉ばなれの経験」
──ケンブリッジ飛鳥選手(ナイキ)と伊藤由記子先生(治療院ミムラ)にきく

4.「ランニングのパフォーマンス向上と外傷・障害のメカニズムと対応①」
──歩行走行の基礎知識
川野哲英・医療法人昇英会はちすばクリニック

「オランダ徒手療法」ケーススタディセミナー
――多角的に診る問診

日程/7月28日(火)

時間/午後7時~9時(受付:午後6時40分~)

会場/クロスコープ青山セミナールーム大会議室(東京都港区北青山2-7-26 フジビル28 9階)

主催/DMTマニュプレーションスクール

内容/問診と言っても、ただクライアントの話を聞いて、「検査は検査」・「評価は評価」と分けて考えてしまうことはありませんか?
11013117_976753495682129_6462636152394819113_n.jpg
DMTでは「仮説」を設定してから、その「仮説」が正しいのかどうか確認するだけの検査方法を精査して選びますので、最低限の検査で済みます。それにより、クライアントの負担は最低限にしながらも、情報漏れがなく本質的な根本原因を特定できるようになります。

また、どのセラピストが問診を行っても、同じように考えをまとめられるようになり、専門職間での情報交換も行いやすくなります。

結果として、
・施術時間や頻度が短くなる
・正確な治療計画が立てられるようになる
・ハイリスクのクライアントを見極め、専門医に紹介できる
・専門医や他のコメディカルと話ができる
このような技術が身につくことを目指します。

当日は、今までの型にはまった思考を打ち破り、「問診」により「仮説」を自ら作り出す力を養う実践教育を、DMTマニュプレーション・スクールの真髄でもある「ケーススタディ」を通じて「問診力」を養うトレーニング方法を体験する。

Youtubeで告知動画を見ることができます

定員/40名(先着順)

受講料/事前振込1,000円 、当日支払1,500円

申し込み方法/URL内の「セミナーのお申し込みはこちら」をクリックして、必要事項を記入の上、送信

問い合わせ/DMTマニュプレーションスクール事務局(担当:渕上)
https://www.facebook.com/dmtschool
スポンサーサイト
ライフキネティック無料体験会

日程/兵庫:7月13日(月)
     東京:7月15日(水)

時間/13日:午後2時30分~午後4時
     15日:午前10時30分~午後12時

会場/13日:エス・パティオ スポーツクラブ
         (兵庫県神戸市須磨区中落合2-2 須磨パティオ健康館2F)
     15日:3331 Arts Chiyoda(東京都千代田区外神田6丁目11-14)

対象/参加希望者(各回先着20名様)

申し込み方法/メールに「ライフキネティック無料体験会(7月13日 or15日)参加希望」であることを明記し、
ご参加希望の方の「①ご所属、②役職、③お名前、④ご連絡先電話番号、⑤メールアドレス」を記入のうえ、申し込む

問い合わせ/問い合わせ/株式会社 ウェルネスデベロップメント
E-mail:info@lifekinetik.jp (担当:大内、大津)

運動器超音波研究会
――運動器超音波の臨床・研究応用の可能性を探る


日程/7月3日(金)

時間/午後2時〜4時

会場/早稲田大学東伏見キャンパス79号館205号室

共催/東京体育学会

内容/シンポジウム
「運動器超音波研究会の趣旨-超音波で運動器の「かたち」と「はたらき」を可視化する」
田沼 和((株)ヘルスマトリックス代表)

「痛みの治療における運動器の血流制御に関して」
奥野裕次(江戸川病院 運動器カテーテルセンター)

「超音波画像処理による「筋の質」と運動機能との比較」
西原 賢(埼玉県立大学)

「圧痛のある靭帯・腱組織に存在する血流: 超音波法によるケーススタディ」
坂本哲也(接骨 鍼灸 介護 こうふく)

「肩のImpingement Syndromeから腱板断裂に至るまでの動的評価」
佐藤和伸((株)インターメディケア)

「肘部表在血管とプローブに掛かる力の関係について」
嶋木敏輝(嶋木接骨院)

「ふくらはぎの筋・筋膜コンディショニングが足関節可動性および足部の変形性に及ぼす影響」
川上泰雄(早稲田大学)

司会:川上泰雄(早稲田大学スポーツ科学学術院)

受講料/無料

申し込み方法/下記メールに、お名前、ご所属を明記し申し込む

問い合わせ/事務局(担当:斎藤輝)
E-mail:a-saito@aoni.waseda.jp


東京体育学会 平成27年度第1回研究会
――骨格筋の「硬さ」研究最前線


日程/7月3日(金)

時間/午後4時30分〜6時

会場/早稲田大学東伏見キャンパス79号館205号室

共催/運動器超音波研究会

内容/「筋硬度計測の意義と押圧式筋硬度計測の実際」
村山光義(慶應義塾大学)

「筋の硬さと超音波エラストグラフィ」
稲見崇孝(早稲田大学) 

司会:川上泰雄(早稲田大学スポーツ科学学術院)

受講料/無料

問い合わせ/東京体育学会




スポーツパフォーマンス測定セミナー

日程/7月18日(土)

時間/午後2時~6時

会場/駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場併設会議室

内容/最新の測定機材とスポーツ科学を駆使し「トップ選手だけでなく、アマチュアのスポーツ選手や一般のスポーツ愛好家でも受けられる運動能力測定プログラム」をコンセプトに開発された「スポーツパフォーマンス測定」の概要を紹介するセミナー。
スポーツ科学をトレーニングに取り入れるスキル、ノウ・ハウを習得されたいスポーツトレーナーの方は必見

講師/長谷川 裕(IPAS代表理事、龍谷大学教授、JATI理事)

対象/スポーツトレーナー、医療従事者など

定員/50名

参加費/無料

申し込み締切/7月16日(木)まで (定員になり次第締切)

問い合わせ/一般社団法人スポーツパフォーマンス分析協会運営事務局
TEL:03-6421-2290
FAX:03-5726-9255

NPO 法人スマイルクラブ スマイルスポーツサミット
“Smile Sport Summit”(S.S.S.)
――-これからの総合型地域スポーツクラブを考える!


日程/7 月 5 日(日)

時間/午後3時~7時

会場/レストラン モダンタイムズ イベントルーム(柏市柏 4-524 第二京北ビル、柏駅東口徒歩5分)

内容/第一部 事例報告
①「サッカーを事例とした愛好者の組織化について~会員増のためのヒント」
笠野英弘氏(筑波大学体育系 特任助教)

②「千葉県の総合型地域スポーツクラブの現状と課題」
宮内博史氏(千葉県教育庁教育振興部体育課社会体育班指導主事)

③「総合型地域スポーツクラブとソシオ制度について~ソシオの組織化」
河村義郎(スマイルクラブスタッフ)

第二部 情報交換会(懇親会)

参加費/5,000 円/人(懇親会費込み) ※第一部のみは 1,000 円

申し込み方法/件名に「スマイルスポーツサミット参加希望」とし、
①お名前、②所属、③電話番号、④メール連絡先(携帯かPC)を明記し、
下記E-mailまたはFAXにて申し込む(定員になり次第締切)

問い合わせ/NPO法人 スマイルクラブ
TEL:04-7169-4183
FAX:04-7169-3303
E-mail:smile-c@jcom.home.ne.jp

スポーツ医学サイト、MMSSM(Multimedia Station for Sportsmedicine)では、書籍も刊行しています。現在、電子書籍が3点、紙の書籍が1点、計4点です。詳細はMMSSMのサイトをご覧下さい。

●紙の書籍は、以下1点。
「明智光秀 資料とともにたずねる智将明智光秀のゆかりの地と劇的な人生」
著者:信原克哉 信原病院・バイオメカニクス研究所院長

●電子書籍は以下3点です。
「〜身体運動研究者と指導者のための〜 新しい視点からのトレーニング科学」
The New Paradigm of Exercise Science
著者:宮下充正 東京大学名誉教授、首都医校校長

「欧州〜中近東〜アジアをめぐる 筋力トレーニングびんぼう視察旅行記」
著者:窪田 登 早稲田大学名誉教授、吉備国際大学名誉教授、元吉備国際大学学長

「スポーツとスポーツメディスン 第一部」
著者:清家輝文 月刊スポーツメディスン編集人
日本スポーツマネジメント学会
――日本のプロスポーツに求められるクラブ・チームの戦略的経営


日程/7月28日(火) 

時間/午後1時~3時(受付開始12時30分)

会場/東京ビッグサイト SPORTEC会場

共催/SPORTEC事務局、日本スポーツツーリズム推進機構

内容/講演1「横浜F・マリノスの経営戦略」 嘉悦 朗 (横浜マリノス株式会社代表取締役社長)

講演2「クラブ・チームの集客戦略:ベースボールビジネスアウォード最多受賞の経験を踏まえて」
       福田 拓哉(新潟経営大学准教授)

シンポジウム
シンポジスト:嘉悦 朗(横浜マリノス株式会社代表取締役社長)、福田拓哉 (新潟経営大学准教授)

    司会:原田宗彦 (早稲田大学教授、JASM会長)

    総合司会:原田尚幸(和光大学教授、JASM理事)

参加費/法人会員 5名様まで無料(ご担当者様がお取りまとめの上、お申し込み下さい)
      一般会員 3,000円
      学生会員 2,000円
      一  般 5,000円
      学  生 3,000円(学生証の提示が必要となります)
  ※お振込みいただいた参加費は返金いたしかねますので予めご了承下さい。
  ※会員価格の適用には、2014年度までの未納年度会費がないことを条件とします。

申し込み方法/日本スポーツマネジメント学会HP内「セミナーページ」よりお申し込みください。

問い合わせ/日本スポーツマネジメント学会
「粘土で学ぶ解剖学」
――歩行に関わる筋肉群

日程/7月4日(土)、5日(日) ※1日のみの参加も可

時間/4日:午前10時~午後6時(受付:午前9時30分~)
    5日:午前9時~午後5時(受付:午前8時30分~)

会場/健美家セミナールーム(東京都港区南青山3-1-7青山コンパルビル2F)

主催/DMTマニュプレーションスクール

内容/アナトミーインクレイ粘土で学ぶ解剖は、体長約73cmのスケルトンに、粘土で作った筋肉を付けていくことで3Dに解剖学を学ぶ、体験型の、新しく、楽しいプログラムです。

テーマに沿って、筋肉群の形状、筋肉群の厚み、筋肉群の大きさ、筋肉群の付着部等を実際に確認しながら、その重力下での機能も考察していく。
先生方が教科書で学んだ平面の解剖学とは異なり、立体の身体を自分の手で製作することで、身体構造がより活き活きと機能的に理解できる素晴らしい学習法の一つです。

そして、何よりも「粘土をこねる」という作業自体が、既に楽しくてワクワクする気分にさせてくれます。

今回のテーマは歩行に関わるダイナミックな筋肉群。当日は、平面的な解剖学では学ぶことのできなかった新鮮な情報が満載で立体的に歩行を捉えることができ、明日からの臨床での歩行へのイメージが変わります!

講師/谷佳織、トラビス・ジョンソン、土屋潤二(アシスタント)

定員/20名(先着順)

受講料/両日参加20,000円、1日のみの参加15,000円
当日支払い:受講料+500円

申し込み方法/HP内の「セミナーのお申し込みはこちら」をクリックして、必要事項を記入の上、送信し申し込む。

問い合わせ/DMTマニュプレーションスクール事務局(担当:渕上)
公式フェイスブック
足・膝関節に対するリハビリテーションの基礎 
(エコーを用いて解剖・運動学を確認する)


日程/7月19日(日)

時間/午前10時~午後4時

会場/平成医療学園専門学校 第1校舎(阪急中津駅徒歩3分)

内容/「膝関節疾患に対するリハビリテーションの基礎(基礎解剖〜運動学の理解)」
梅本拡司(医療法人Nクリニック、理学療法士・NSCA-CSCS)

「足関節疾患に対するリハビリテーションの基礎(基礎解剖〜運動学の理解)」 
疋田佳希(aruck lab代表 理学療法士、理学療法学修士 JFA C級コーチ)

「エコー画像を確認しながら実際の解剖/運動学の動きを理解する」
※ハンズオンではありません

対象/足・膝に興味のある方なら誰でも参加可能。新人さん向けのセミナー
(PT/OT/ST、アスレティックトレーナー、柔道整復師、鍼灸師など)

定員/40名(定員になり次第締切)

参加費/8,000円

お申し込み方法/下記①~⑤を記載し、必ず「パソコンのメール」から下記のアドレスへお申込みください。
①氏名(ふりがな)、②所属施設、③経験年数、④保有資格、⑤連絡先アドレス(携帯不可)

*携帯からのお申込みは不可(例:~@docomo.ne.jp)。メールを確認後、事務局より折り返し連絡いたします。
*申込みメール送信後、「2週間」経っても事務局より連絡がない場合は「メールが届いていない」可能性がありますので、お手数ですが再度ご連絡下さい。

問い合わせ/footbrain seminar事務局(担当:疋田佳希)
E-mail:footbrain2015@gmail.com

ゼロから始める!
パーソナルトレーナー指導者養成講座


日程/8月30日(日)

時間/午後5時~8時

会場/ニュージャパンヘルスクラブ (大阪市中央区道頓堀、地下鉄なんば駅より徒歩2分)
    
内容/将来パーソナルトレーナーで活躍したい方のための、ゼロから学べるパーソナルトレーナー基礎知識講座

【1】姿勢のアンチエイジング!トレーニング指導法
【2】自然に紹介者が増えるためには何をするべきか?

講師/岡 敏彦 (株式会社ヘルス&フィットネス 代表)
    小林 素明 (株式会社ウェルネス&スマイル 代表) 

定員/7名(定員になり次第締切)

受講料/事前振込 4,500円   

申し込み方法/ webサイトより申し込む 

問い合わせ/株式会社ウェルネス&スマイル (担当:小林)
TEL:06-6609-3381
日本スポーツとジェンダー学会第14回大会 公開シンポジウム
――スポーツにおける平等・公正とは:ジェンダーの観点から

日程/7月5日(日)

時間/午後2時~4時

会場/明治大学駿河台キャンパス リバティタワー1063教室(東京都千代田区神田駿河台1-1)

内容/報告1「スポーツ・ルールにおける平等・公正とは」近藤良享(中京大学)

報告2「スポーツに関連する法における平等と公正-米国のタイトルⅨの観点から」新井喜代加(松本大学)

報告3「オリンピック大会における女性の参加資格の歴史的変遷の観点から」來田享子(中京大学)

コーディネーター:建石真公子(法政大学)

対象/研究者、教育関係者、行政担当者、報道関係者、スポーツ指導者、競技者、愛好者、スポーツ専攻の学生など、スポーツとジェンダーに関心のある方

参加費/無料

問い合わせ/日本スポーツとジェンダー学会 第14回大会実行委員会事務局
高峰研究室内
TEL&FAX:03-5300-1740
E-mail:congressoffice@jssgs.org