FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

日本スポーツとジェンダー学会第14回大会 公開シンポジウム
――スポーツにおける平等・公正とは:ジェンダーの観点から

日程/7月5日(日)

時間/午後2時~4時

会場/明治大学駿河台キャンパス リバティタワー1063教室(東京都千代田区神田駿河台1-1)

内容/報告1「スポーツ・ルールにおける平等・公正とは」近藤良享(中京大学)

報告2「スポーツに関連する法における平等と公正-米国のタイトルⅨの観点から」新井喜代加(松本大学)

報告3「オリンピック大会における女性の参加資格の歴史的変遷の観点から」來田享子(中京大学)

コーディネーター:建石真公子(法政大学)

対象/研究者、教育関係者、行政担当者、報道関係者、スポーツ指導者、競技者、愛好者、スポーツ専攻の学生など、スポーツとジェンダーに関心のある方

参加費/無料

問い合わせ/日本スポーツとジェンダー学会 第14回大会実行委員会事務局
高峰研究室内
TEL&FAX:03-5300-1740
E-mail:congressoffice@jssgs.org

スポンサーサイト