FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

スポーツ医学サイト、MMSSM(Multimedia Station for Sportsmedicine)では、書籍も刊行しています。現在、電子書籍が3点、紙の書籍が1点、計4点です。詳細はMMSSMのサイトをご覧下さい。

●紙の書籍は、以下1点。
「明智光秀 資料とともにたずねる智将明智光秀のゆかりの地と劇的な人生」
著者:信原克哉 信原病院・バイオメカニクス研究所院長

●電子書籍は以下3点です。
「〜身体運動研究者と指導者のための〜 新しい視点からのトレーニング科学」
The New Paradigm of Exercise Science
著者:宮下充正 東京大学名誉教授、首都医校校長

「欧州〜中近東〜アジアをめぐる 筋力トレーニングびんぼう視察旅行記」
著者:窪田 登 早稲田大学名誉教授、吉備国際大学名誉教授、元吉備国際大学学長

「スポーツとスポーツメディスン 第一部」
著者:清家輝文 月刊スポーツメディスン編集人
スポンサーサイト



日本スポーツマネジメント学会
――日本のプロスポーツに求められるクラブ・チームの戦略的経営


日程/7月28日(火) 

時間/午後1時~3時(受付開始12時30分)

会場/東京ビッグサイト SPORTEC会場

共催/SPORTEC事務局、日本スポーツツーリズム推進機構

内容/講演1「横浜F・マリノスの経営戦略」 嘉悦 朗 (横浜マリノス株式会社代表取締役社長)

講演2「クラブ・チームの集客戦略:ベースボールビジネスアウォード最多受賞の経験を踏まえて」
       福田 拓哉(新潟経営大学准教授)

シンポジウム
シンポジスト:嘉悦 朗(横浜マリノス株式会社代表取締役社長)、福田拓哉 (新潟経営大学准教授)

    司会:原田宗彦 (早稲田大学教授、JASM会長)

    総合司会:原田尚幸(和光大学教授、JASM理事)

参加費/法人会員 5名様まで無料(ご担当者様がお取りまとめの上、お申し込み下さい)
      一般会員 3,000円
      学生会員 2,000円
      一  般 5,000円
      学  生 3,000円(学生証の提示が必要となります)
  ※お振込みいただいた参加費は返金いたしかねますので予めご了承下さい。
  ※会員価格の適用には、2014年度までの未納年度会費がないことを条件とします。

申し込み方法/日本スポーツマネジメント学会HP内「セミナーページ」よりお申し込みください。

問い合わせ/日本スポーツマネジメント学会