FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

運動器超音波研究会
――運動器超音波の臨床・研究応用の可能性を探る


日程/7月3日(金)

時間/午後2時〜4時

会場/早稲田大学東伏見キャンパス79号館205号室

共催/東京体育学会

内容/シンポジウム
「運動器超音波研究会の趣旨-超音波で運動器の「かたち」と「はたらき」を可視化する」
田沼 和((株)ヘルスマトリックス代表)

「痛みの治療における運動器の血流制御に関して」
奥野裕次(江戸川病院 運動器カテーテルセンター)

「超音波画像処理による「筋の質」と運動機能との比較」
西原 賢(埼玉県立大学)

「圧痛のある靭帯・腱組織に存在する血流: 超音波法によるケーススタディ」
坂本哲也(接骨 鍼灸 介護 こうふく)

「肩のImpingement Syndromeから腱板断裂に至るまでの動的評価」
佐藤和伸((株)インターメディケア)

「肘部表在血管とプローブに掛かる力の関係について」
嶋木敏輝(嶋木接骨院)

「ふくらはぎの筋・筋膜コンディショニングが足関節可動性および足部の変形性に及ぼす影響」
川上泰雄(早稲田大学)

司会:川上泰雄(早稲田大学スポーツ科学学術院)

受講料/無料

申し込み方法/下記メールに、お名前、ご所属を明記し申し込む

問い合わせ/事務局(担当:斎藤輝)
E-mail:a-saito@aoni.waseda.jp


東京体育学会 平成27年度第1回研究会
――骨格筋の「硬さ」研究最前線


日程/7月3日(金)

時間/午後4時30分〜6時

会場/早稲田大学東伏見キャンパス79号館205号室

共催/運動器超音波研究会

内容/「筋硬度計測の意義と押圧式筋硬度計測の実際」
村山光義(慶應義塾大学)

「筋の硬さと超音波エラストグラフィ」
稲見崇孝(早稲田大学) 

司会:川上泰雄(早稲田大学スポーツ科学学術院)

受講料/無料

問い合わせ/東京体育学会




スポンサーサイト



スポーツパフォーマンス測定セミナー

日程/7月18日(土)

時間/午後2時~6時

会場/駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場併設会議室

内容/最新の測定機材とスポーツ科学を駆使し「トップ選手だけでなく、アマチュアのスポーツ選手や一般のスポーツ愛好家でも受けられる運動能力測定プログラム」をコンセプトに開発された「スポーツパフォーマンス測定」の概要を紹介するセミナー。
スポーツ科学をトレーニングに取り入れるスキル、ノウ・ハウを習得されたいスポーツトレーナーの方は必見

講師/長谷川 裕(IPAS代表理事、龍谷大学教授、JATI理事)

対象/スポーツトレーナー、医療従事者など

定員/50名

参加費/無料

申し込み締切/7月16日(木)まで (定員になり次第締切)

問い合わせ/一般社団法人スポーツパフォーマンス分析協会運営事務局
TEL:03-6421-2290
FAX:03-5726-9255