FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


運動連鎖から考える革新的治療戦略 実技編
――目で見て、体で感じて明日からの臨床に!


日程/10月4日(日)

時間/午後1時~5時30分

会場/丸太町リハビリテーションクリニック

内容/第一部 特別講演 
 「スポーツとバイオメカニクス」 来田宣幸(京都工芸繊維大学)

第二部 運動連鎖から考える投球障害
「投球障害の診断と治療 -ストレステストの実際-」森原 徹(京都府立医大整形外科)

「投球障害の評価 -スクリーニングテストの実際-」松井知之(丸太町リハビリテーションクリニック)

コンディショニングstep1  股関節体幹のコンディショニング
コンディショニングstep2 step1からの強度アップ
コンディショニングstep3  投球フェーズを考えたトレーニング
講師:高島 誠(Mac’s trainer roomトレーナー)

参加費/一般12,000円 (テキスト購入済みの場合は8,000円)
学生5,000円 (テキスト代別・有資格者は一般料金)
※本セミナーではテキストとして「運動連鎖から考える投球障害」を使用いたします。

申し込み方法/京都運動器障害予防研究会ホームページから申し込む

問い合わせ/京都運動器障害予防研究会
スポンサーサイト