FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


Certified Functional Strength Coach Level.1
資格認定ワークショップ


日程/①9月17日(木)
     ②9月24日(木)

時間/いずれも午前9時30分~午後6時30分

会場/①ティップネス梅田(大阪府大阪市北区小松原町3-3 OSビル4~6F)
     ②ティップネス宮前平(神奈川県川崎市宮前区宮前平1-10-1)

内容/ファンクショナルトレーニングの断片的な情報が溢れる中、実際のクライアントを前に、何を、どのように取り入れればよいか?
ファンクショナルトレーニングの第一人者、マイクボイルが米国で創設した新しいストレングストレーニングの認定コース「CFSC」は、こんな疑問を持ったトレーナーやコーチにとって明確な答えを提供。彼のトレーニングフィロソフィーとプログラム構築の考え方、実際のコーチングを、オンラインと実地を組み合わせた効率的なカリキュラムで学ぶ。

講師/澤田勝
自らのアスリートとしての経験を活かし、数々のトップアスリートやチームを指導する傍ら、フィットネスクラブのディレクターやコンサルタントとしてトレーニング/フィットネス界の第一線で活躍

受講料/各64,800円(税込)

申し込み方法/HP内の申し込みフォームより申し込む

申し込み締切/①9月10日
           ②9月17日

定員/14名

問い合わせ/CFSCジャパン事務局

スポンサーサイト



知覚・認知MOT(Multi-Object-Tracking:多物体視覚追跡)トレーニング認定講習
ニューロパフォーマンストレーナー認定講習会

セミナー図
日程/9月12日(土)
     9月13日(日)

時間/12日:午前10時~午後6時
     13日:午前10時~午後4時

会場/アットビジネスセンター東京 渋谷東口駅前

内容/これからのスポーツにとって欠かせない、認知能力トレーナーを養成するための講座。認定講座では、カナダで開発されたニューロトラッカーという機器を用いてトレーニングをするための方法を学ぶ。
このシステムは、世界で頂点に君臨するトップチーム、例えばプレミアリーグのマンチェスターユナイテッドや、NFLのニューイングランド・ペイトリオッツをはじめ400以上で採用されているMOTトレーニング。
同時に、その使用法と展開に関する資格を認定する。

※詳細はHP参照

講師/天野勝弘(朝日医療学園、ニューロパフォーマンス協会理事)
   藤永 博(和歌山大学、スポーツ心理学)他

定員/10名

受講料/54,000円(初回限定割引、通常100,000円))※団体割引あり

申し込み方法/WEBサイトから申し込む

問い合わせ/一般社団法人 ニューロパフォーマンス協会
TEL:06-6397-0786
FAX:06-6397-0774

※10月に東京で無料説明会を実施し、第2回目の認定トレーナーゼミナーを計画しています(日程等未定)。詳細は、ニューロパフォーマンス協会ホームページでお知らせします。