FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

日本スポーツマネジメント学会第8回大会
――スポーツイベントを科学する


日程/12月19日(土)~20日(日)、

時間/19日:午後1時~6時10分(懇親会:午後6時30分より)
     20日:午前9時~

会場/法政大学 市ヶ谷キャンパス(東京都千代田区富士見2-17-1)

内容/19日(土)
基調講演「プロスポーツ界の人員誘引術」村井 満(Jリーグチェアマン)

シンポジウム I 「メディアを通してスポーツイベントを考える」
シンポジスト: 村井 満 (Jリーグチェアマン)、原田宗彦(早稲田大学教授・JASM会長)、他メディア関係者登壇予定
コーディネーター: 山本 浩 (法政大学教授)

一般研究発表(口頭発表)

総会

20日(日)
一般研究発表(口頭発表)

シンポジウム II 「プロスポーツイベントのマネジメント」

シンポジウム III 「オリンピックに向けた個人競技のブランディング」
※選択制

一般研究発表(ポスター発表)

一般研究発表(口頭発表)

※発表申込件数などによって多少の日程変更の可能性もありますので、ご了承下さい。

サブプログラム
12月18日(金)にスチューデントセミナーを開催。
プログラム内容決定次第、HPにてお知らせします。

大会までの日程/9月30日(水):一般研究発表申込原稿締切
           10月下旬:一般研究発表採択通知
研究発表申込/
一般研究発表申込、 一般研究発表申込要項、 大会号原稿作成要領はHP参照

※一般研究発表のお申し込みは、大会参加へのお申し込みを兼ねております。

参加費/一般会員8,000円、一般(会員外)10,000円、学生3,000円(大学院生・学部学生) ※学生会員を含む
      懇親会費3,000円 ※参加区分不問

※スチューデントセミナー参加希望の方は、スチューデントセミナー参加費(4,000円)内に、学会大会参加費が含まれていますので、スチューデントセミナーのみお申し込み下さい。
※事前の振り込みにご協力をお願いいたします
※いったんお振込みいただいた参加費は返金いたしかねますので予めご了承下さい
※その他お問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームからお願いいたします。

問い合わせ/日本スポーツマネジメント学会
スポンサーサイト