FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

東京大学名誉教授・日本体育大学名誉教授である中嶋寛之先生が、
今年の第88回日本整形外科学会で行った
特別教育講演「スポーツの運動器健康に対する役割」のビデオ全編を公開しています。
スポーツとスポーツ医学の歴史を振り返るとともに日本の未来への提言となる記念的講演です。
無料で閲覧できますので、ぜひご覧ください。

スポーツ医学専門サイト「MMSSM(ムッスム)」で好評公開中です。
トップページ左のコラムに掲載。

●講演の主な内容
日本整形外科学会教育研修講座
「スポーツの運動器健康に対する役割」
中嶋寛之
平成27年5月24日 
動画サイズ/1280-720picxel
時間/55:20(3つのパートに分けて公開)

【主な内容】
Ⅰ.スポーツと健康との関わり
 1.わが国のスポーツと医学の歴史
 2.高齢社会の医療と今後の見通し
Ⅱ.スポーツと運動器健康の現状と対策
 1.ロコモ対策と運動器健康(短期的戦略)
 2.21世紀の運動器健康(長期的戦略)
 3.2020東京オリンピックとスポーツ庁
 4.子どものスポーツの現状――2極化
 5.子どもの体育の現状と課題
Ⅲ.日本臨床スポーツ医学会での提言
 1.提言内容
 2.提言後の展開
Ⅳ.考察と結語
スポンサーサイト



第7回 医療とスポーツのシンポジウム
Message 〜メッセージ〜


日程/9月27日(日)

時間/午後3時〜5時(受付午後2時〜 開場午後2時30分〜)

会場/北九州市立商工貿易会館 多目的ホール(北九州市小倉北区古船場町1番35号)

主催/九州医療スポーツ専門学校

後援/北九州市、公益財団法人 西日本産業貿易コンベンション協会

内容/特別ゲストとして、フィギュアスケート選手小塚崇彦さんをお招きし、「スポーツトレーナーについて」語りたい高校生の皆さんとのフリートーク

対象/高校生限定

定員/300名(定員になり次第締切)

参加費/無料

申し込み方法/HP内の「お申込みフォーム」より申し込む

問い合わせ/学校法人国際学園 九州医療スポーツ専門学校
TEL:093-932-5100