FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


マッスルコンディショニングストレッチ基礎セミナー

日程/11月15日(日)

時間/午前9時~午後5時

会場/履正社医療スポーツ専門学校 十三キャンパススタジオ(大阪市淀川区十三本町3丁目4-21)

内容/マッスルコンディショニングストレッチは、固有受容器にアプローチすることにより、筋肉や腱に伸張感を与えず、関節周囲にある筋群の整合性や関節間での動きの協調性を改善しつつ、運動によって 生じた筋ストレスを調整するストレッチである。スポーツ現場でのコンディショニングはもちろんのこと、アスレティックリハビリテーション、高齢者の身体機能の改善など、幅広く活用することが可能である。今回は、基礎編として、座学と実技により、ストレッチの技術習得を目指す

特徴:ソフトな手法で筋肉の伸張反射を抑える、起始部から停止部まで筋全体へのアプローチ、コンディショニングとして最適

対象/ストレングストレーナー、パーソナルトレーナー、アスレティックトレーナー、医療従事者、運動指導者、トレーナーを目指す学生

定員/20名

受講料/一般7,560円、学生5,400円(JATI 資格継続単位の付与有)

申し込み方法/ HPから申し込む

問い合わせ/スポーツインテリジェンス株式会社
TEL:06-6359-8171

スポンサーサイト