FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会 第33回研修会

日程/3月21日(月・祝)

時間/午前9時30分~午後5時40分(受付:午前9時より)

会場/昭和大学上條講堂

テーマ/「パフォーマンステストの意義とその活用」

内容/特別講演『動的バランステストを用いたパフォーマンス評価とその活用』中田 研 (大阪大学)

 講演1『関節機能からみたパフォーマンステストと臨床での実践』玉置龍也(横浜市スポーツ医科学センター)

一般演題1

一般演題2

講演2『バイオメカニクスからみたパフォーマンステストへの提言』矢内利政(早稲田大学)

講演3『ラグビーでのGPSを用いたパフォーマンス評価の最前線』若井正樹(サントリーラグビー部 S&C)

表彰式・閉会式

総会

※日本理学療法士協会「専門理学療法士制度ポイント認定講習会・研修会」に申請中

参加費/会員前納 6,000円(当日8,000円)、学生会員前納3,000円(当日5,000円)
      一般前納10,000円(当日12,000円)、一般学生前納 6,000円(当日8,000円)

事前割引/3月16日(水)まで

※3月16日までに参加登録された方:16日(水)24時までに、参加フォーム登録後の自動返信メールに記載されている口座へご入金ください。なお、振込明細書を当日受付に必ずお持ちください

3月17日以降に参加登録された方:17日(木)以降に参加登録された方、または当日参加の方は、通常の参加費を当日受付にてお支払いください

申し込み方法/当会ホームページの入力フォームから申し込む

問い合わせ/研修会事務局 八王子スポーツ整形外科(担当:佐藤正裕)
E-mail:ma_sa_2451@yahoo.co.jp
※問い合わせ方法はE-mailのみとなります。
スポンサーサイト