FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第1回スポーツ救急サミット
――垣根を越えて


日程/11月29日(日)

時間/午後1時~5時(受付開始:午後12時30分)
    懇親会:午後5時30分より

会場/中央大学後楽園キャンパス

テーマ/頚椎外傷発生時の現場対応を考える

主催/特定非営利活動法人コンディショニング科学研究所

共催/国際武道大学コンディショニング科学研究室、中央大学生命・健康科学研究室

協力企業/株式会社クレーマージャパン

内容/【講演】
①「スポーツ現場の頚椎外傷の実際と処置における留意点」
    坂根正孝(筑波大学医学医療系整形外科、脊椎専門医)
②「頚椎外傷患者の救急搬送の実際(仮)」
    佐宗 昇(JPTEC協議会神奈川県支部、救急救命士)
③「全米アスレティックトレーナー協会の頚椎外傷の対応に関する指針について(仮)」
    佐保 豊(NPO法人スポーツセーフティージャパン、NATA-ATC)
④「スポーツ現場での頚椎損傷への対応の問題点」
    太田千尋(慶應大学ラグビー部、JASA-AT)

【救急対応ディスカッション】
 上記講演者4名 座長:山本利春(国際武道大学体育学部)

【救急対応実習】内容検討中

対象/医師、救急救命士、スポーツトレーナー、スポーツ指導者、その他スポーツ関係者など

参加費/一般:5,000円、学生:3,000円(懇親会費:一般2,000円、学生1,000円)

申し込み方法/「氏名」「所属先(学校)」「連絡先(電話番号)」「懇親会への参加希望」を明記のうえ、下記E-mailアドレスへ申し込む

申し込み締切/11月26日(木)

問い合わせ/コンディショニング科学研究所(担当: 河田)
TEL:0470-62-6990
FAX:0470-62-6991
E-mail:conditioninglab@gmail.com
スポンサーサイト