FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第10回つくば野球研究会

日程/12月5日(土)

時間/午前9時~午後8時

会場/つくば国際会議場(エポカルつくば)大ホール(茨城県つくば市竹園 2-20-3)

主催/つくば野球研究会

共催/久光製薬株式会社

内容/講演1「野球障害予防とパフォーマンス向上を目指した選手育成プログラム」
   馬見塚尚孝(大分整形外科病院スポーツ医学センター)

講演2「野球選手の脊椎疾患 -ハイレベルアスリートの靱帯骨化症と腰椎分離症」
   加藤欽志(福島県立医科大学整形外科助教)

講演3「野球の打撃コーチングの現場と科学:ジュニアから大字生の指導例から」
   金掘哲也(筑波大字体育科学系助教)

講演4「データと評価 日米でのドクトリンの違いと未来」
   山本一郎(楽天イーグルスチーム戦略室アドバイザー)

講演5「ニッポンの野球がアフリカを救う!~オリンピック野球復活の近道」
   友成晋也(アフリカ野球友の会)

講演6「送球ミスはなぜ起こるのか?~心理と技術の問題」
   久保田真広(㈱カロ代表取締役)

ポスターセッション
森本吉譲(仙台大学体育学部准教授)

参加費/5,000円、学生1,000円

申し込み方法/Facebook上の申請フォームもしくは下記アドレスに、①お名前、②メールアドレス、③所属先、を記入のうえ申し込む

問い合わせ/筑波大学整形外科
TEL:029-853-3219
E-mai:seikei@md.tsukuba.ac.jp
スポンサーサイト



オランダ徒手療法 ケーススタディセミナー
――多角的な視点から、”肩関節の痛み”を捉えることができる!


日程/11月24日(火)

時間/午後7時~9時(受付:午後6時40分~)

会場/クロスコープ青山セミナールーム 大会議室(東京都港区北青山2-7-26 フジビル28 9階)

主催/DMTマニュプレーションスクール
IMG_91401-250x250.jpg
内容/日頃の臨床で、”肩関節の痛み”をワンパターンではなく、多角的に評価できていますか?
オランダ徒手療法では、この”多角的な視点”という言葉が多く使われます。

「解剖学、神経生理学、運動連鎖理論、心理社会的要因、抵抗力etc」
このように多くの知識をバックグラウンドに、様々な視点から評価し、問題点をあぶりだしていき、問題点を正確に把握します。
そのトレーニングをするために必要なのが、この「多角的な視点シリーズのケーススタディセミナー」です。

施術やリハビリテーションを続けていると、過去の経験やそれまでの「型」にあてはめて無意識に症状の原因をいつもどおりに限定し、同じパターンの対処を繰り返しがちになります。

型にはまった思考を打ち破り、「仮説」を自ら作り出す力を養う実践教育、それが「ケーススタディ」を通じて仮説の設定から評価、
そしてその仮説の問題解決力を養うオランダ徒手療法 DMTマニュプレーション・スクールならではのトレーニング。

今回、臨床でも多く見られる「肩関節の痛み」をケーススタディを通して、「多角的な視点」を養い、機能解剖学的な視点、組織レベルまで問題点を掘り下げる視点、関連痛・放散痛など神経生理学の視点、など、日々の臨床の悩みを解決できるキーワードも多く盛り込まれているセミナー

※詳細はYoutubeで告知動画にて

定員/30名(先着順)

受講料/事前振込1,000円 、当日支払い1,500円

申し込み方法/サイト内の「セミナーのお申し込みはこちら」をクリックして、必要事項を記入の上、送信

問い合わせ/DMTマニュプレーションスクール事務局(担当:渕上)
公式フェイスブック