スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.189(2017年4月号)←詳細&購入はここ!
msm189-Taguchi.jpg 特集『特集 アスリートの骨盤を守る』
 
1.「仙腸関節機能障害の病態」
坂本飛鳥・聖隷クリストファー大学リハビリテーション学部理学療法学科
        
2.「3D-MRIに基づく骨盤の歪み(マルアライメント)」
小椋浩徳・スタイル訪問看護ステーション、理学療法士
 
3.「骨盤マルアライメントと原因因子の臨床評価」
杉野伸治・Shinji Sugino RPT、カラダコンディショニングTHANKS

4.「骨盤マルアライメントの治療」
蒲田和芳・広島国際大学リハビリテーション学科

5.「“挫滅マッサージ”によって出現した副作用について」
──坐骨神経に異常をきたした女子アスリートの一症例
蒲田和芳・広島国際大学リハビリテーション学科
   
第7回スポーツメディスンフォーラム
ランニングの医科学
――下肢障害予防とパフォーマンスアップのために


日程/2016年3月13日(日)

時間/午前9時~午後4時

会場/グランキューブ大阪 大阪国際会議場(大阪市北区中之島5-3-51)

代表世話人/熊井司(奈良県立医科大学スポーツ医学講座 教授)

協賛/アルケア株式会社、スミス・アンド・ネフューエンドスコピー株式会社、日本シグマックス株式会社 ランチョンセミナー

共催/久光製薬株式会社

内容/ランナーズ・シンポジウムⅠ:パフォーマンスアップに役立つ知識(6演題)
座長:小柳好生(武庫川女子大学 健康スポーツ科学部)、田中康仁(奈良県立医科大学 整形外科)

「ランニングのペース(LT 能力)とフォーム(バネ能力)について」
佐伯徹郎(日本女子体育大学 スポーツ健康学科)

「ランニングパフォーマンスと筋・腱の形態」
伊坂忠夫(立命館大学 スポーツ健康科学部)

「知って得するランニングのアンチエイジング効果」
石井好二郎(同志社大学 スポーツ健康科学部)

「応用機能科学にもとづくランナーのためのパフォーマンストレーニング」
鈴木 岳(株式会社R-body project)

「ランニングシューズの機能特性」
西脇剛史(株式会社アシックス スポーツ工学研究所)

「カスタムメイドインソールとパフォーマンスの関連」
西田亜未(日本シグマックス株式会社)

特別講演 
座長:松本秀男(慶應義塾大学 スポーツ医学総合センター)
演者:Kyung-Tai Lee M.D.(KT Lee's Orthopedic Hospital)

ランニングのための実践講座 
「明日から実践! 湯田友美のランニング講座」
座長:岩堀裕介(愛知医科大学 整形外科学講座)・熊井司
演者:湯田友美(ランニングアドバイザー/Smiley Angel 代表)

ランチョンセミナー
「21世紀の市民ランナーのランニング障害」
座長:倉 秀治(医療法人悠仁会 羊ヶ丘病院)
演者:鳥居 俊(早稲田大学 スポーツ科学学術院)

ランナーズ・シンポジウムII:ランニングによる下肢障害とその予防(8演題)
座長:伊坂忠夫・熊井 司

「ランニング障害の発生メカニズム-トレーニング要因と身体的要因」
大久保衞(医療法人貴島会 ダイナミックスポーツ医学研究所)

「ランナーにおける肉ばなれ」
奥脇 透(国立スポーツ科学センター メディカルセンター)

「ランナーの踵部痛-病態と治療」
篠原靖司(立命館大学 スポーツ健康科学部)

「ランニングによる下肢疲労骨折のマネージメント」
杉本和也(奈良県総合医療センター 整形外科)

「ランニングにおける膝オーバーユース障害」
堀部秀二(大阪府立大学 総合リハビリテーション学部)

「ランニング障害予防のリハビリテーション」
小柳磨毅(大阪電気通信大学 医療福祉工学部)

「ランニング障害予防のトレーニング」
小柳好生(武庫川女子大学 健康スポーツ科学部)

「ランニング障害予防に対する現場でできる対応」
塚原隆司(朝日大学歯学部附属村上記念病院 整形外科)

※日本体育協会公認アスレティックトレーナー資格更新義務研修会承認

単位申請予定/日本整形外科学会(専門医、スポーツ医) 資格継続単位
日本医師会認定健康スポーツ医 資格継続単位
日本医師会生涯教育制度 資格継続単位
日本体育協会公認スポーツドクター資格更新義務研修会
専門・認定理学療法士制度 資格継続単位
健康運動指導士・健康運動実践指導者 資格継続単位

参加費/医師5,000 円、一般3,000円、学生1,000円

問い合わせ/第7回スポーツメディスンフォーラム事務局
奈良県立医科大学 スポーツ医学講座内
TEL:0744-29-8873 
FAX:0744-25-6449
E-mail:7th-smf@sports-mf.com

スポンサーサイト
知っているようで知らない女性スポーツについて学んでみよう
第4回女性スポーツ勉強会


日程/平成28年2月5日(金)

時間/午後1時~5時(開場午後12時)

会場/東京ウィメンズプラザ(地下鉄表参道駅から2分)

主催/モン・スポ(NPO法人バレーボール・モントリオール会)
   総合型地域スポーツクラブ女性ネットワーク(仮称)

テーマ/「減量とそのトラブル、悩み、そして解決法」

内容/総合コーディネーター:宮嶋泰子(テレビ朝日スポーツコメンテーター)

「金メダルを見てみよう(1976年モントリオール五輪女子バレーメンバー)」

「女子長距離界の悩み」
有森裕子(元マラソン選手、バルセロナオリンピック銀メダル、アトランタオリンピック銅メダル)

「減量の必要なスポーツに挑んで。金メダルと出産」
小原日登美(元女子レスリング選手、2012年ロンドンオリンピック女子レスリング48kg級・金メダル) 

「スポーツと栄養、長距離ランナーや減量をするスポーツの場合」
高橋千恵美(管理栄養士、シドニーオリンピック10000m出場。セビリア世界陸上10000m5位入賞)

「女子長距離をサポートして」
杉田正明(三重大学教授) 

シンポジウム
シンポジスト:有森裕子、小原日登美、高橋千恵美、杉田正明、(予定)能瀬さやか(産婦人科スポーツドクター)

※ママさんたちのために今回も託児を用意

定員/先着250名

参加費/3,000円、学生2,000円、懇親会は別途5,000円(参加費は当日支払い)

お申し込み方法/下記Eメールアドレスまで、所属、お名前、連絡先、託児の有無、懇親会参加か否かを明記し申し込む

問い合わせ/NPO法人バレーボール・モントリオール会(モン・スポ)
E-mail:womenssportslovers@yahoo.co.jp
「月経周期を考慮したコンディショニング法の開発」事業シンポジウム

日程/平成28年2月27日(土)

時間/午前10時~午後12時40分
※シンポジウム終了後、世田谷キャンパス内「Nレストラン」にて懇親会

会場/日本体育大学 東京・世田谷キャンパス 記念講堂

主催/スポーツ庁委託事業 女性アスリートの育成・支援プロジェクト 
   「月経周期を考慮したコンディショニング法の開発」事業 日本体育大学

テーマ/「指導者と考える 女性アスリートのコンディショニング法――月経周期とどう向き合えばよいのか?」

内容/「月経周期を考慮したコンディショニング法開発事業の報告」
須永美歌子(日本体育大学)、涌井佐和子(順天堂大学)  

「正しい知識が選手を救う~新体操の現場より~」
村田由香里(日本体育大学 新体操クラブ顧問・監督、シドニー、アテネオリンピック新体操日本代表)

「女性アスリート指導者の現状と課題」
コーディネーター:伊藤雅充,須永美歌子(日本体育大学)     
パネリスト:根本 研(日本体育大学 バレーボール部女子監督) 
      村田由香里(日本体育大学 新体操クラブ顧問・監督) 
      矢野晴之介(日本体育大学 サッカー部女子監督)  
 
参加費/無料、懇親会も無料

申し込み方法/申し込みフォームに必要事項を入力し申し込む

申し込み締切/平成28年2月12日(金)

問い合わせ/日本体育大学総合スポーツ科学研究センター(担当:亀本)
TEL:03-5706-0931
E-mail:souspo@nittai.ac.jp  
Coordination of the Flexors and the Extensors in那覇

日程/1月31日(日)

時間/午前9時30分~午後4時30分

会場/那覇市民会館

内容/従来の運動器系を偏重した方法や手技ではなく、対象者自らが学習プロセスを認識し、自己の身体の変化に気づき効率の良い身体の使用法を日常化していく体性感覚へのアプローチ。
今回は、「屈筋群と伸筋群の調整により姿勢や動きを改善する」と題してフェルデンクライス・メソッド®の観点から頸の付け根を探索していく

講師/森近貴幸(フェルデンクライス・メソッド プラクティショナー、理学療法士、日本体育協会公認AT、NSCA-CPT)

対象/理学療法士、作業療法士など

定員/20名

参加費/8,000円

申し込み方法/下記ホームページ内の申し込みフォームよりお申込みください。

問い合わせ/フィジオスタイル(フェルデンクライス岡山)
E-mail:okayamafelden@gmail.com


つながりをとらえる~構造統合から機能統合へ~

日程/2月14日(日)

時間/午前9時30分~午後4時30分

会場/倉敷市児島産業振興センター

内容/対象者を評価する際に、悪いところを探したり、正常・異常といった判断で評価したりしていませんか? 今回は、このような細かなところや悪いところにフォーカスするのではなく、全体の印象をぼんやりと捉え、身体全体を静的および動的に観察することからボディリーディングをしていく。不必要な緊張や動きに参加していない場所があれば全体のつながりを欠いてしまう。さまざまなワークを通して、「見る~触れる~感じる~つながる」といったことを実習しながら学ぶ

講師/森近貴幸(フェルデンクライス・メソッド プラクティショナー、理学療法士、日本体育協会公認AT、NSCA-CPT)

対象/理学療法士、作業療法士など

定員/20名

参加費/8,000円

申し込み方法/下記ホームページ内の申し込みフォームよりお申込みください。

問い合わせ/ィジオスタイル(フェルデンクライス岡山)
E-mail:okayamafelden@gmail.com

パーソナルトレーニング起業セミナー
――整骨院でのパーソナル指導/ひとり起業でできるプライベートジムの作り方


日時/ 2016年2月7日(日)

時間/午後1時~5時30分
*セミナー終了後、講師を交えた名刺交換&交流会開催(無料/30分間程度)

会場/ スポーツコンディショニング球武(大阪市東淀川区井高野、地下鉄今里線「井高野駅」より徒歩8分)

内容/【1】地域のお客様から愛される整骨院づくり「自重トレーニング、ストレッチ」の融合化
     【2】少予算でお客さんが集まるプライベートジムの作り方

講師/仲辻智則(吉祥寺鍼灸整骨院院長)
    小林素明(株式会社ウェルネス&スマイル代表) 

定員/10名(定員になり次第締切)

受講料/事前振込8,640円、当日支払 10,000円(いずれも税込)  

お申し込み方法/webサイトより申し込む

問い合わせ/株式会社ウェルネス&スマイル
TEL:06-6609-3381

Certified Functional Strength Coach Level.1
資格認定ワークショップ


日程/①2月18日(木)
    ②2月25日(木)
    ③3月24日(木)

時間/いずれも午前9時30分~午後6時30分

会場/①ティップネス梅田(大阪府大阪市北区小松原町3-3 OSビル4階)
    ②③ティップネス宮前平(神奈川県川崎市宮前区宮前平1-10-1)
   
内容/ファンクショナルトレーニングの断片的な情報が溢れる中、実際のクライアントを前に、何を、どのように取り入れればよいか?

ファンクショナルトレーニングの第一人者、マイクボイルが米国で創設した新しいストレングストレーニングの認定コース「CFSC」は、こんな疑問を持ったトレーナーやコーチにとって明確な答えを提供。

彼のトレーニングフィロソフィーとプログラム構築の考え方、実際のコーチングを、オンラインと実地を組み合わせた効率的なカリキュラムで学ぶ。

※詳細はHP参照

講師/①弘田雄士  
     ②③谷 佳織

定員/14名

受講料/各64,800円(税込)

申し込み方法/HP内の「申し込みフォーム」より申し込む

申し込み締切/①2月8日(月)
          ②2月15日(月)
          ③3月10日(木)

問い合わせ/CFSCジャパン事務局

ゼロから始める!
パーソナルトレーナー指導者養成講座(大阪)


日程/2016年1月30日(日)

時間/午後6時~8時

会場/ニュージャパン(地下鉄なんば駅より徒歩2分、大阪市中央区道頓堀)

内容/【1】 指導歴30年以上、大学講師のプロが教える! 減量のためのサーキットトレーニング指導をマスターする方法
    【2】 「集客に悩んでいるパーソナルトレーナー」のための顧客定着セミナー

講師/岡 敏彦 (株式会社ヘルス&フィットネス 代表)
    小林 素明 (株式会社ウェルネス&スマイル 代表) 

定員/ 8名様(定員になり次第締め切らせて頂きます)

受講料/事前振込 5,500円、当日支払 7,000円

申し込み方法/ webサイトより申し込む

問い合わせ/株式会社ウェルネス&スマイル (担当:小林)
TEL:06-6609-3381
投球動作研究会研究集会2015
――「開き」


日程/12月23日(祝・水)

時間/午前9時~午後4時(受付開始:午前8時)

会場/株式会社田谷本社ホール(東京都渋谷区神宮前2-18-19)

主催/投球動作研究会

共催/Creative-Sports

内容/講演①「開きとは?~シュミレーションシステムから分かること~」
          石井壮郎氏(松戸整形外科病院整形外科医師)

シンポジウム①「開きとは何か?~私の考える開きはこれだ~」
座長:村木孝行氏(東北大学病院理学療法士)、秋吉直樹氏(おゆみの中央病院理学療法士)
1)松下登氏(葛西少年野球連盟二小クラブ監督)
2)藤田直毅氏(佼成学園硬式野球部監督)
3)名古屋光彦氏(元大学軟式野球日本代表監督)
4)久保田正一氏(野球動作指導者・Creative-Sports代表)

講演②「テイクバックで肘を上げるために必要なこと」
     渡邊幹彦氏(大脇病院整形外科医師)

シンポジウム②「テイクバックで肘を上げるために私が指導していること」
座長:村木孝行氏(東北大学病院理学療法士)、秋吉直樹氏(おゆみの中央病院)
1)黒川大介(東北労災病院整形外科医師)
2)河合雄也(獨協大学硬式野球部臨時投手コーチ・NPO法人八王子ボーイズコーチ)
3)塩多雅矢氏(ヒーローインタビュー・トレーニング指導部)
4)相原雅也氏(ホグレル、軟式日本代表投手コーチ)

定員/180名

受講料/一般:7,000円、当日8,000円
      学生(医療関係):4,000円、当日5,000円
      選手:無料 (※学生、選手は学生証の提示)

申し込み方法/下記サイトより申し込む
PC申し込みURL
携帯申し込みURL

申し込み締切/12月14日(月)

問い合わせ/Creative-Sports(担当:久保田正一)
E-mail:info@creative-sports.info

スポーツにおけるメンタルトレーニング

日程/2016年1月10日(日) 

時間/午後1時~4時30分

会場/ハートンホテル北梅田(大阪府大阪市北区豊崎3-12-10)

内容/スポーツの試合では心技体の中でも心が大きな割合を占める。日々の成果を発揮できるかどうかは、試合当日のメンタルコンディションが大きく左右する。
今回は、野球やテニス界でも広く用いられている『残像メンタルトレーニング』の開発者である高岸弘氏(著書『思いのままに脳を動かす残像力』など)を講師にお招きし、その理論と実践トレーニングについてレクチャーいただく

対象/競技者、指導者、トレーナー

定員/20名

受講料/一般4,000円、高校生2,000円 [オリジナルメンタルカード進呈]

申し込み方法/電話にて問い合わせ

申し込み締切/12月25日(金)

問い合わせ/スポーツインテリジェンス株式会社(担当:中野)
TEL:06-6359-8171
E-mail:m-nakano@sports-intelligence.jp
第7回バスケットボール地域指導者勉強会
――「シュートをうつためには! そしてユニバーシアードで感じたルーティンについて!


日程/12月16日(水)

時間/午後7時~8時30分 予定(開場:午後6時45分/退館:午後9時)

会場/世田谷区立駒留中学校 体育館(東京都世田谷区下馬4-18-1)

内容/モデルプレイヤーを使って教科書には無い個性に合わせたシュート指導方法を紹介。
またユニバーシアードで感じたチームルーティンを拓殖大学で取り入れたことなど、旬な話題も紹介

講師/池内泰明(拓殖大学バスケットボール部 監督)

対象/スポーツ指導者の方または将来スポーツ指導者を目指しておられる方

参加費/2,000円(事前振込)

お申し込み方法/申込フォームより申し込む
※参加申し込み&お支払い方法は予約制。前日までにお申込み・お振込

問い合わせ/一般社団法人トレジャーリンク