FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

未来のトップアスリートのための体感型スポーツ栄養セミナー
――スポーツをする子どものフィジカルを、栄養で整える


日程/2月29日(月)

時間/午前10時~午後4時30分(開場:午前9時30分)

会場/ホテルグランドパレス 3階「白樺」(東京都千代田区飯田橋1-1-1)

主催/公益社団法人 日本栄養士会

内容/オリエンテーション

「食の基礎知識――競技力向上のベースとなる心とからだづくり」
鈴木志保子(神奈川県立保健福祉大学教授、公認スポーツ栄養士)

「アスリートの食事――食べる!喜ぶ!アスリートメニュー・レシピ」
中村みどり(シダックス株式会社、公認スポーツ栄養士)

「毎日の食卓に、スポーツ栄養を」
ご昼食:お弁当&調理デモンストレーション:レシピのご提供
高橋文子(エームサービス株式会社、公認スポーツ栄養士)

賛助会員展示物見学、サンプリングタイム

「実践!試合前・中・後の食事――勝利に近づくために」
小清水孝子(大妻女子大学教授、公認スポーツ栄養士)

「熱中症の予防――リスクを回避する、正しい水分補給法を学ぶ」
橋本玲子(株式会社Food Connection代表取締役、公認スポーツ栄養士)

対象者/ジュニアアスリートの保護者、指導者等

定員/120名 ※申し込み先着順。定員になり次第締切

参加費/15,000円(税込) 
*日本栄養士会会員、または会員からのご紹介の方 早期申込割引12,000円(税込)

申し込み締切/早期申込締切:1月25日(月)必着
          一般申込締切:2月15日(月)必着

申し込み方法/HP内のオンラインフォームに必要事項をご記入の上、申し込む。

メール、ファクシミリご利用の場合もHP内の参加申込書に必要事項をご記入のうえ、下記メールまたはFAXにて申し込む
※申し込み受付後、参加費振込先をメールで通知(1週間以内に、指定口座へ振り込む)。入金が確認でき次第、受講票を郵送

問い合わせ/未来のトップアスリートのための体感型スポーツ栄養セミナー係
TEL:03-5425-6555
FAX:03-5425-6554
E-mail:kikaku-koho@dietitian.or.jp

スポンサーサイト



The 35th SITEMSH Congress March 13-17th

日程/3月13日 (日)~3月17日 (木)

会場/ホテルリステル猪苗(福島県耶麻郡猪苗代町大字川桁リステルパーク)

大会長/浦辺幸夫(広島大学大学院医歯薬保健学研究院 教授)

内容/SITEMSHはスキー外傷とウィンタースポーツのスポーツ医学を研究するために世界に2つある学会の1つであり、その第35回学会(The 35th SITEMSH Congress)が日本で初めて開催される。

世界各国のウィンタースポーツに関する研究者が参集することで、我が国のスポーツ医学の大いなる発展が期待される

なお、本学会への演題登録に興味のある方は下記E-mail宛にご連絡ください。
※詳細はHP(35th SITEMSH Congress 概要・演題募集(英語))参照

参加費/参加日程によって複数のプランを準備しており、詳細は下記まで問い合わせにて

問い合わせ/The 35th SITEMSH Congress 準備委員会事務局(担当:森山信彰)
広島大学大学院医歯薬保健学研究院 統合健康科学部門
心身機能生活制御科学講座スポーツリハビリテーション学研究室内
E-mail:abstractsitemsh2016@gmail.com