FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

平成 27 年度アスレティクトレーナー連絡会議
関東ブロック研修会


日程/2 月 11 日(木・祝)

時間/午前10時~午後4時30分

会場/横浜市スポーツ医科学センター 大研修室(神奈川県横浜市港北区小机 3302-5 日産スタジアム内)

主催/日本体育協会公認アスレティックトレーナー連絡会議関東ブロック

内容/講演 1「神奈川県トレーナー部会におけるスポーツ選手のサポート体制」
朝日山 一男(帝京大学/神奈川県トレーナー部会副部会長)

講演 2「大学教育におけるスポーツ選手の健康管理体制」
加藤知生(桐蔭横浜大学)

ランチョンセミナー(大塚製薬)

講演 3「スポーツ現場における外傷・障害予防の取り組み」
岩崎由純(NEC レッドロケッツ)

講演 4「早期復帰に向けた効果的なアスレティックリハビリテーションの実践」
千葉慎一(昭和大学病院)

講演 5「トレーナーに必要なフィジカルトレーニングの実践」
山本晃永(Y’s Athlete Support Inc.)

※この研修会は,日本体育協会公認アスレティックトレーナーの資格更新のための義務研修となります。ただし、期間内に 2 回参加することが条件。受付にて一次救命処置(BLS)資格の確認をいたします。認定証をお持ちの方はご持参下さい。

定員/100 名(先着順)

参加費/日本体育協会公認アスレティックトレーナー(JASA-AT) 3,000 円
日本体育協会公認 AT 適応コース承認校学生 1,000 円
その他一般参加者 5,000 円
※当日受付にて支払

申し込み方法/以下の URL の「参加申込フォーム」より必要事項を記入し送信。1 週間以内に事務局より「受付完了メール」が届きますので、ご確認ください。「参加申込フォーム」に必要な情報は次の通り。氏名、性別、JASA-AT 認定番号、都県名、所属先、住所、電話番号、メールアドレス

問い合わせ/平成 27 年度関東ブロック研修会事務局(担当:鈴川仁人・横浜市スポーツ医科学センター)
E-mail:jasaat.kanto2016@gmail.com

スポンサーサイト