FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


第14回コンディショニング科学カンファレンス
学校現場における救急対応
――部活や授業で発生するケガに適切に対応できているか?


日程/2月21日(日)

時間/午後2時~5時(受付開始:午後1時30分より)
※講演終了後、情報交換予定

会場/中央大学後楽園キャンパス

内容/「学校現場の実状~教員対象アンケート調査から~」
 清水伸子(国際武道大学コンディショニング室)

「学校現場の実状~保健体育教員の立場から~」
 黒柳真吾(東京都福生市福生第三中学校)

「指導者(教員)を対象とした救急処置講習」
 山本利春(国際武道大学体育学部)

「救急対応のできる教員養成の課題」
 村田祐樹(中京大学スポーツ科学部)

※会場(教室)等の追加情報はfacebookおよびホームページにて掲載

参加費/RICS会員・学生:1,000円、RICS非会員・一般:3,000円
※情報交換参加費は別途

申し込み方法/「氏名」「所属」「連絡先」「情報交換会への参加希望」「領収書の有無」「区分(会員・学生・一般・非会員)」を明記のうえ、下記メールアドレスまで申し込む

申し込み締切/2月19日(金)

問い合わせ/コンディショニング科学研究所(担当:檜山)
E-mail:conditioninglab@gmail.com
スポンサーサイト