FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

2016京都スポーツ医学セミナー
【実技編】運動連鎖から考える投球障害


日程/3月6日(日)

時間/午前10時~午後4時30分

会場/丸太町リハビリテーションクリニック

内容/第一部 運動連鎖から考える投球障害 
「投球障害の診断と治療――ストレステストの実際」森原 徹(京都府立医大整形外科)

「投球障害の評価――スクリーニングテストの実際」松井知之(丸太町リハビリテーションクリニック)

「投球障害のコンディショニングの実際」高島 誠(Mac’s trainer roomトレーナー)

パネルディスカッション「徹底討論! 投球動作分析」 
 総合司会:松井知之(丸太町リハビリテーションクリニック)

 パネリスト:藤原正典(元阪神タイガース)
       高島 誠(Mac’s trainer room)
       岩田芳典(名越整形外科医院)
       東 善一(丸太町リハビリテーションクリニック)

参加費/一般12,000円(テキスト代込み・テキスト購入済みの場合は8,000円)  
      学生 5,000円(テキスト代別・有資格者は一般料金)

申し込み方法/下記ホームページ、または申し込みフォームから申し込む
※本セミナーはテキストとして、「運動連鎖から考える投球障害」を使用する。この本をお持ちの方は、申込時にその旨を記載いただき、当日お持ちください。

問い合わせ/京都運動器障害予防研究会
スポンサーサイト