FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第24回よこはまスポーツ整形外科フォーラム

日程/5月22日(日)

時間/午前9時30分~午後5時

会場/はまぎんホール ヴィアマーレ(横浜市西区みなとみらい3-1-1)

内容/一般演題:討論(午前・午後)

◆特別講演『ラグビーにおけるメディカルサポート』
高澤祐治(順天堂大学)
座長:三橋成行(藤沢市民病院)
*日整会専門医資格継続単位 [2](S)

◆ランチョンセミナー 教育講演『半月板温存手術:私たちの試み』 
古賀英之(東京医科歯科大学)
座長:福林 徹(早稲田大学スポーツ科学学術院)
*日整会専門医資格継続単位 [12](S)

◆スペシャリストディスカッション『肩関節脱臼治療』
   ・「Bankart法」 望月智之(東京医科歯科大学)
   ・「Bristow法」 山崎哲也(横浜南共済病院)
   ・「肩関節脱臼とスポーツ復帰」 山口光國((有)セラ・ラボ)
座長:奥脇 透(国立スポーツ科学センター)
*日整会専門医資格継続単位 [9][13](S)

参加費/ドクター5,000円 メディカル・学生3,000円(当日参加申込み)

単位申請費/各1,000円

問い合わせ/第24回よこはまスポーツ整形外科フォーラム

スポンサーサイト