FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

「オランダ徒手療法」ケーススタディセミナー
――多角的な視点から、”筋膜リリース”を捉えることができる!


日程/6月24日(金)

時間/午後7時~9時(受付午後6時40分~)

会場/クロスコープ青山セミナールーム 大会議室(東京都港区北青山2-7-26 ヒューリック外苑前ビル9階)

主催/DMTマニュプレーションスクール
11822541_1010181999005945_5083333016173591203_n_20160529230853e4d.jpg
内容/オランダ徒手療法の多角的な視点に立ち、筋膜リリースのテクニックが、「なぜ、必要になるのか?」を、考え、さらに筋膜の癒着を、「なぜ、癒着してしまうのか?」という根本的な原因を、多角的な視点から捉えるきっかけとなればと思います

※詳細はYoutubeにて

講師/土屋潤二(一般社団法人 日本オランダ徒手療法協会 代表理事)

定員/30名(先着順)

受講料/事前振込1,000円、当日支払い1,500円

申し込み方法/HP内の「セミナーのお申し込みはこちら」から申し込む

問い合わせ/DMTマニュプレーションスクール事務局(担当:渕上)
FBアドレス
スポンサーサイト