FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第5回日本アスレティックトレーニング学会学術集会

日程/7月9日(土)・10日(日) 

時間/9日:午前10時~(懇親会午後6時30分~8時)、10日:午前8時15分~

会場/東京有明医療大学(東京都江東区)

会長/鹿倉二郎(順天堂大学)

実行委員長/村木良博(ケアステーション)

テーマ/「アスレティックトレーニング学における科学と実践の融合」

内容/大会長講演「アスレティックトレーニング学における科学と実践の融合」
             鹿倉二郎(順天堂大学)

特別講演1「肉離れの発生要因と予防的アプローチ」
              山本利春(国際武道大学)

特別講演2「研究と臨床の融合:エビデンスに基づいたケアを進めるためのリサーチと臨床におけるその活用」
             Creig Denegar 博士(University of Connecticut)

シンポジウム1「女性アスリートのコンディショニング」
   シンポジスト①:アスレティックトレーナーの立場から
             津田清美(花田学園)
   シンポジスト②:コンディショニングコーチの立場から
             柴田昌奈(NECレッドロケッツ 女子バレーボール部)
   シンポジスト③:コーチの立場から
             鯉川なつえ(順天堂大学)

シンポジウム2「アスレティックトレーニング学の現場への応用-ストレッチング-」
   シンポジスト①:ストレッチングに関する科学的レビュー
             寒川美奈(北海道大学)
   シンポジスト②:科学知見を踏まえたストレッチングの活用
             笠原政志(国際武道大学)
   シンポジスト③:ストレッチングの実践的指導法
             長畑芳仁(帝京大学)

教育講演1「トレーニングの効果検証のしかた」
        下河内洋平(大阪体育大学)

教育講演2「傷害調査のしかた」
         砂川憲彦(帝京平成大学)

一般演題

受講料/事前申込:会員8,000円、非会員10,000円、学生5,000円
       当日受付:会員10,000円、非会員12,000円、学生6,000円
        ※当日受付の弁当配布は2日目のみ
       懇親会:4,000円(当日支払)

事前申し込み期間/6月10日(金)、24:00まで

申し込み方法/「事前申込システム」のページ下方にある「参加申込はこちらから」をクリックして、必要事項を記入または選択し申し込む

問い合わせ/第5回日本アスレティックトレーニング学会学術集会 運営事務局
E-mail:jsat@soubun.com

スポンサーサイト