FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

Level 2 リアライン・インストラクター 認定セミナー

日程/①長崎:7月16日(土)・17日(日)
     ②大阪:7月30日(土)・31日(日)
     ③東京:10月1日(土)・10月2日(日)

時間/いずれも午前9時30分~午後4時30分

会場/①こころ医療福祉専門学校(長崎県長崎市上銭座町11-8)
     ②LASANTE(大阪市淀川区宮原1-6-1新大阪ブリックビル3F)
     ③昭和大学7号館 2階会議室(東京都品川区旗の台2-2-15 昭和大学50年記念館)

内容/リアライン認定資格は、日本健康予防医学会(http://kenkouyobou.com/)の関節疾病予防学専門部会が制定した資格制度。リアライン認定資格を取得された方は、関節に関するすべての疾病を予防するための関節学を研究する「関節疾病予防医学」の実践者として、その知識と技術を活かしてご活躍いただけます。

【Level 2 リアライン・インストラクターとは?】
リアライン・デバイスを活用しつつ、全身の関節に対して適切な運動指導が行えることを証明する資格です。パーソナルトレーナー、アスレチックトレーナー、トレーニング指導者、フィットネスインストラクターなどの運動指導者の方々にお勧めいたします。

また、更に高度な資格「Level 3-1 リアライン・トレーナー(※1参照)」「Level 3-2 リアライン・セラピスト(※2参照)」を目指される方は、「Level 2リアライン・インストラクター」の資格取得が必須です。

※1「 Level 3-1 リアライン・トレーナー」・・・デバイスの使用による応用的かつ高度な運動プログラム構築とその指導を習得されていることを証明する資格です。
※2「 Level 3-2 リアライン・セラピスト」・・・組織間リリースとデバイスの使用による応用的な治療を習得されていることを証明する資格です。

【リアライン・デバイスとは?】
関節の歪みを早期に矯正することを基盤とした新しい治療法「リアライン・コンセプト」を効率的に進めるため開発されたものです。
関節の歪みの多くは、骨の位置関係 のわずかな異常から進行し始めます。骨の位置関係が崩れたまま運動を繰り返すと、筋肉の働きにまで影響を及ぼします。関節の歪みはさらに進み、慢性的な関節の痛み、アスリートなどはパフォーマンスの低下、怪我の後遺症の長期化に苦しむなどの事態に陥ります。
それらの痛み、悩みを解決していくためには、根本的な原因である歪み に対処することが必要です。
リアライン・コンセプトとは、関節の「歪み」や「ずれ」を整え、関節が本来持つ運動機能 を速やかに回復させる方法であり、リアライン・デバイスはそのリアライン・コンセプトそのものです。

講師/①杉野伸治(日本健康予防医学会)
     ②栗田興司(日本健康予防医学会理事、フィジカルコンディショニングプロダクション代表)
     ③未定

定員/①40名、②24名、③30名

受講料/各38,000円

申し込み方法/Webサイト(②③) よりお申し込み下さい。なお、日本健康予防医学会への入会がお済みでない方は、申し込みURLより入会の手続きを行うこと
GLABウェブサイト内の「日本健康予防医学会 リアライン認定資格」の詳細参照
 
申し込み締切/①7月12日、②7月26日、③9月27日

問い合わせ/一般社団法人 日本健康予防医学会
TEL:050-3131-8501
E-mail:info@kenkouyobou.com


スポンサーサイト



米国バスケットボール協会とオフィシャルパートナー契約を締結
~バスケットボールのプレイ中のマウスガード着用を推奨~


米国バスケットボール協会とオフィシャルパートナー契約を締結
 スポーツ用マウスガードで売り上げシェア世界 No.1(当社調べ)の『ショックドクター』は、このたび米国バスケットボール協会とオフィシャルパートナー契約を締結致しました。 米国バスケットボール協会は全てのレベルを対象に、バスケットボールのプレイ中にマウスガード着用を薦めており、今回のパートナーシップ締結の一環として、ショックドクターは 米国男女プロリーグおよび米国代表チームの公式マウスガードブランドとなります。

160705-01ph01.jpg 今後、ショックドクターは米国の若手選手育成プログラム、ユースキャンプなどでさまざまな普及活動を行い、選手、選手の保護者、指導者たちにマウスガード着用の重要性を指導していくとともに、プレイヤーのケガの予防とパフォーマンスサポートに中長期で取り組んで参ります。

 また、本件は米国 NBA ならびに NBA JAPAN のオフィシャルサイトでもリリースされています。

問い合わせ/ユナイテッドスポーツブランズジャパン株式会社
(担当:五所(ゴショ)、宇野(ウノ))
TEL. 03-5436-6606
FAX. 03-3492-2066
E-mail:comm@unitedspb.jp