FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

投球障害 問題解決セミナー(全3回)
――元NPBトレーナーによる運動連鎖から評価する投球障害アプローチ


日程/ 第1回 9月3日(土):下肢から評価する投球障害
     第2回 10月1日(土):体幹から評価する投球障害
     第3回 11月5日(土):上肢から評価する投球障害

時間/いずれも午後5時30分~9時30分

会場/メディオン整体スクール(大阪市天神橋3丁目2-9 川那辺ビル2階)

内容/21年間選手を触り続けた一人の職人が得た経験を少人数制で感じられるセミナー。
講師は「投球は運動連鎖」の考え方から、先ずその根幹である下半身(第1回)から観察。「どこを」「何を」「どのように」評価したら良いのか、講師の実際の手技に触って感覚を学びながら、現場で活かせることを前提にハンズオン中心で行う。
今回は常に野球選手のカラダと向き合うボディーワーカー向け。

第1回プログラム:1)下半身の評価、2)下半身の徒手による技法や調整テクニック、3)質疑応答

講師/石原慎二(トライアール代表ATC 元阪神タイガース・チーフトレーナー補佐)

対象/AT・柔道整復師・鍼灸師・PT・パーソナルトレーナー

定員/10名

受講料/全3回パック 38,880円(8月29日までの申し込みまで可)
      単発早割 14,040円(7月中の申し込みに限り早割特典)
      単発通常料金17,280円(8月中)※全て税込

申し込み方法/申し込みフォームより申し込む

申し込み締切/8月29日(月)、午後9時まで 

問い合わせ/F-RATH(担当:中地圭太)
E-mail:seize.the.day0803@gmail.com

スポンサーサイト