FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

アマチュアスポーツを支えるスポーツICTセミナー

日程/8月28日(日)

時間/午前10時~午後5 時

会場/大阪医専 10階 講義室

内容/「プレーヤーとコーチのブリッジ(架け橋)~テクノロジーを用いたコミュニケーション~」
      Keith Davies(キース・デイビス)

「アスレティックトレーナーのためのクラウド活用術」
      打谷昌紀(医療法人南谷継風会/大阪行岡医療大学非常勤講師)

「ライバルに差をつけるサッカー自主練アプリ(マイトレ)」
      新井田徹(インフォコム株式会社 アスリートストーリーズ推進グループ責任者)

「アマチュアスポーツチーム向け動画共有/分析アプリ『Spoch(スポック)』」
      土井寛之(株式会社SPLYZA 代表取締役) 

「加速度計ジャイロスコープデバイス「PUSH」によるVBTの実践」
      長谷川昭彦(エスアンドシー株式会社)

「選手管理アプリ「アスリートストーリーズ for AT」を活用したチームサポート」  
      佐藤哲史(株式会社 Sports Multiply 代表取締役) 

「アスリートのパフォーマンスを高めるフォーカストレーニング~脳波計測デバイス&スマフォを活用したバイオフィードバック~」
      佐々木信也(エンジョイゴルフ&スポーツジャパン)

申し込み方法/「申し込みフォーム」より申し込む

問い合わせ/株式会社 Sports Multiply

Line Training Lab
スポーツ現場におけるiPad・iPhone活用研究会 
スポンサーサイト