FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

投球動作研究会研究集会2016

日程/12月23日(祝・金)

時間/午前10時~午後4時30分(受付開始:午前9時30分)

会場/連合会館(東京都千代田区神田駿河台3-2-11、地下鉄東京メトロ新御茶ノ水駅、淡路町駅、小川町駅)

主催/投球動作研究会

共催/Creative-Sports

内容/第1部は昨年定義付けができなかった『開き』について、特別講演の前田健さんの講義の後に、皆さんと定義づけしていきたいと思います。

また第2部は、第1回の『肘下がり』、第2回の『開き』を中心に、実際に選手の身体をチェックしたり、エクササイズ、動作指導する、という企画を行いたいと思います。

 当日はネットを用い、受講者の方々が参加・質問し易い環境をつくり、会場全体で進行できるよう企画しております。

「開会の挨拶と本日の流れ」
久保田正一(くろだ整形クリニック、野球動作指導Baseball-Station筑後)

特別講演「投球動作の本質を読み解く~下半身動作・テイクバック、そして「開き」とは~」
前田健(BCSベースボールパフォーマンス代表取締役)

実践型シンポジウム『投球動作指導の実践』――「肘下がり」の解決、「開き」の改善
シンポジスト
名古屋光彦(全日本大学軟式野球連盟副理事長)
菊池貴之(広瀬医院、下妻ニ高校野球部コーチ、理学療法士)
松原葵(葵整骨院院長、柔道整復師)
松下登(葛西少年野球連盟二小クラブ監督)
河合雄也(NPO法人八王子ボーイズ監督)
高橋知幹(日本ハムファイターズトレーナー、理学療法士)
久保田正一(くろだ整形クリニック、野球動作指導Baseball-Station筑後、理学療法士)

定員/150名

受講料/一般8,000円(当日9,000円)
      学生(医療、トレーナー関係)4,000円(当日5,000円)
      選手無料
      ※学生、選手は学生証の提示。医療、トレーナー関係の学生であり選手は選手とみなしません

申し込み方法/下記WEBより申し込む
PC・スマホ用申し込みサイト
携帯用申し込みサイト

申し込み締切/12月12日(月)

問い合わせ/Creative-Sports

スポンサーサイト