FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第 16 回バスケットボールトレーナー勉強会(BBTR)

日程/12 月 19 日(月)

時間/午後6時~9時(受付、後片付けを含む)

会場/日本バスケットボール協会事務局会議室(東京都文京区後楽 1-7-27 後楽鹿島ビル6階)

内容/「慢性膝痛に対するコンディショニングの実際」
     和田桃子(女子日本代表サポートトレーナー、八王子スポーツ整形外科 理学療法士)

    「頭部外傷に対する JBA の指針と現場対応について」
     武田秀樹(東芝病院スポーツ整形外科、JBA 医科学委員)

交流会、後片付け(時間のある方はお手伝い下さい)

対象/日本代表サポートトレーナー、WJBL トレーナー部会部会員、それ以外の方

定員/60 名(定員になり次第締切)

参加費/1,000 円

申し込み方法/以下のいずれかの方法でお申し込みください。会場の都合上、事前予約のない方の入場はできません。

(1)申し込みフォームからの申し込む

(2)メールでの申し込みは下記メールアドレスに、件名「第 16 回 BBTR 申込」、本文にお名前と所属先、一般または学生別を明記して申し込む。複数でお申込される場合も全員の名前を明記

申し込み締切り/12 月 12 日(月)

問い合わせ/第16回BBTR勉強会(担当:津田、塩田)
E-mail:trainer@basketball.or.jp
スポンサーサイト



SPTS2017(スポーツ理学療法セミナー) 
――オーバーヘッドスポーツの肩関節疾患治療の科学的基礎

日程/2017年3月26日(日) 

時間/午前9時20分~午後4時30分(受付開始:午前9時~)

会場/横浜市教育会館(神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘53番地)

内容/スポーツ理学療法セミナー(SPTS)は、アスリートの整形外科的疾患のリハビリテーションや予防の観点から、世界中で発表された論文をレビューし、共有するセミナー。その目的は、アスリートの医療環境の向上であり、怪我や故障を理由に引退するアスリートを減らすことにあり、全国どこでも、アスリートが最適のリハビリテーションが受けられるような環境整備を進めていきたいという願いから始まったセミナー。

今年のSPTSのテーマは『肩関節疾患』。肩関節疾患に関連する文献レビューを徹底的に行い、科学的根拠や課題を洗い出し、1日で肩関節疾患のリハビリテーションに必要な科学的基礎を学ぶ。

プログラム/①投球パフォーマンスを低下させる肩関節機能障害
②関節唇損傷
③腱板損傷
④筋腱・滑液包・神経障害・血行障害
⑤骨軟骨障害
⑥私の肩関節治療
⑦科学的文章の書き方

受講料/一般10,800円

[早割キャンペーン]
第1弾(11/30までの申し込み)8,640円 
第2弾(12/31までの申し込み)9,720円 

学生5,400円(大学院生および25歳以上は「一般」となります。)
※学生は、当日はセミナー受付にて学生証を提示

申し込み方法/PC版もしくはモバイル版サイトにて、該当セミナーを買い物カゴに入れ、購入手続きへ

申し込み締切/2017年3月21日(火)

問い合わせ/株式会社GLAB
TEL:0823-36-2469
E-mail:seminar@g-lab.biz