FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第15回東京スポーツ整形外科研究会

日程/4月22日(土)

時間/午後3時~7時30分

会場/イイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区内幸町2-1-1)

共催/東京スポーツ整形外科研究会、久光製薬株式会社

内容/製品紹介

プログラム1『ランニング障害』
座長:荻内隆司(川口工業総合病院 整形外科)、八木茂典(東京関節外科センター 昭島整形外科)

「腱炎、腱付着部炎の病態と治療」
  高橋謙二(船橋整形外科病院 スポーツ医学・関節センター)
「疲労骨折の病態と治療」
  桜庭景植(順天堂大学大学院 医学研究科スポーツ医学)
「ランニング障害の特性とリコンディショニング&コンディショニングの実践」
  橋川拓史(北千葉整形外科 理学診療部)

プログラム2『肘内側側副靱帯不全の病態と対応』
座長:柏口新二(国立病院機構徳島病院 整形外科)

「肘内側支持機構の解剖 病態理解のために」
  二村昭元(東京医科歯科大学 運動器機能形態学講座)
「肘内側側副靱帯不全の病態と治療」
  山崎哲也(横浜南共済病院 スポーツ整形外科)
「肘内側支持機構のコンディショニング」
  能勢康史(NPO法人野球共育塾)

プログラム3『スポーツによる膝関節外傷に対する外科治療』
座長:土屋明弘(船橋整形外科病院)、今屋 健(関東労災病院中央リハビリテーション部)

「靱帯損傷に対する外科治療」
  中川 匠(帝京大学医学部附属病院 整形外科)
「半月板損傷に対する外科治療」
  古賀英之(東京医科歯科大学大学院 運動器外科学)
「スポーツによる膝関節外傷に対する術後アスレチックリハビリテーション」
  相澤純也(東京医科歯科大学医学部附属病院 スポーツ医学診療センター)

参加費/3,000円(事前申込不要)※終了後に情報交換会を予定

単位申請費/各1,000円
   プログラム1:日整会専門医資格継続1単位
     (2)外傷性疾患(スポーツ障害を含む)(13)リハビリテーション(理学療法、義肢装具を含む)またはスポーツ医資格1単位
   プログラム2:日整会専門医資格継続1単位
     (1)整形外科基礎科学(9)肩甲帯・肩・肘関節疾患またはスポーツ医資格1単位
   プログラム3:日整会専門医資格継続1単位
     (2)外傷性疾患(スポーツ障害含む)(12)膝・足関節・足疾患またスポーツ医資格1単位

問い合わせ/東京スポーツ整形外科研究会
E-mail:mail@tokyo-sports.net


スポンサーサイト