スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.193(2017年8月号)←詳細&購入はここ!
MSM193_201708231735445c2.jpg 『特集 運動器超音波がもたらす新しい「診療」
──エコーガイド下の治療、エコーでスタッフ連携
 
1.「第2世代の幕開け! 進化続ける運動器エコー」
──超音波画像診断装置の現在と今後の可能性
 松崎正史・ソニックジャパン株式会社 代表取締役
        
2.「日本から世界へ! 進化続ける運動器エコー」
──若いチカラでJapan originalを創る
 笹原 潤・帝京大学スポーツ医科学センター 同大学医学部整形外科学講座、医療技術部スポーツ医療学科
 
3.「超音波診“断”から超音波診“療”の時代へ」
――──ハイドロリリース、超音波ガイド下手術への挑戦
 宮武和馬・横浜市立大学運動器病態学教室、同大学附属病院整形外科

4.「スポーツ医学の本場Stanford大学での挑戦」
──アメリカでのエコーガイド下治療
 福島八枝子・PM&R Sports Medicine Orthopaedic Surgery, Stanford University

第8回トレリンバスケまなび塾
明日からすぐに実践に活かせるスキルアップのためのトレーニング

(指導者勉強会の名称をトレリンバスケまなび塾に変更しました)

日程/7月15日(土)

時間/午後4時15分~6時(受付開始:午後4時より)

会場/川崎廃墟ビルでスポーツしよう(神奈川県川崎市川崎区日進町3−4、JR川崎駅より徒歩9分)

内容/「スキルアップのためのトレーニング」

講師/小坂井一弘氏(元JX-ENEOSサンフラワーズ ストレングス&コンディショニングコーチ)

定員/30名(定員になり次第締切)

参加費/事前振込 一般2,000円、学生(大学生、専門学校生)1,000円
      当日支払 一般2,500円、学生(大学生、専門学校生)1,500円

申し込み方法/申込みフォームまたは、E-malにて、件名を「第8回TBまなび塾」とし、氏名、所属名、一般または学生の別を明記して下記メールまで申し込む

問い合わせ/一般社団法人トレジャーリング
E-mail:torerinbbc1996@gmail.com
http://torerinbbc.com/
スポンサーサイト