FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第2回スポ.ラボ&スポーツクラウド合同セミナー
ケガせず強くなるための最新知見と方法
――AT・理学療法士・コーチ・医師の視点から


日程/8月12日(土)

時間/午前の部:午前10時30分~午後1時15分
     午後の部:午後1時30分~午後4時20分
     (受付開始午前10時10分より)

会場/大阪産業創造館 会議室 E(本町駅より徒歩10分)

内容/【午前の部】
「ケガせずパフォーマンスが高い選手の特徴」
  亀山顕太郎(スポラボ代表、理学療法士)

「人工知能を用いた動作分析の試み」
  石井壮郎(スポラボ代表、整形外科医)
 
「アマチュアスポーツで活用するスポーツICT」
  佐藤哲史(株式会社Sports Multiply、アスレティックトレーナー)

【午後の部】
「コーチング現場視点から、パフォーマンス向上と傷害予防の両立を目指した練習計画の設定――走指導を例に」
  荒川優(株式会社スポーツクラウド代表、スプリントコーチ)

「スポーツ傷害予防と身体運動パフォーマンス向上に続く回旋運動――体幹・股関節・足部」
  中尾哲也(関西医療大学 保健医療学部講師、理学療法士、公認アスレティックトレーナー)

「スポーツ現場における運動器エコー評価の可能性」
  疋田佳希(aruck lab 代表、理学療法士、理学療法学 修士/認定 スポーツ-脳卒中)

対象/理学療法士、トレーナー、学生、その他興味のある方

参加費/1日:8,000円、学生7,000円 
      半日:5,000円、学生4,000円

申し込み方法/以下のメールアドレスまたはHP内の「申し込みフォーム」から、「名前」「所属」「連絡先メールアドレス」「職種」「セミナー参加希望時間帯」「セミナーで取り扱って欲しい内容について」をご記入のうえ、申し込む

問い合わせ/スポ.ラボ
E-mail:supo.lab@gmail.com

スポンサーサイト