FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

平成29年度 第2回安全義務講習会

日程/7月16日(日)

時間/受付:午前9時30分より
    安全義務講習会:午前10時5分~午後12時5分
    応用講習会:午後1時5分~午後4時20分 

会場/日本体育大学 世田谷キャンパス(東京都世田谷区深沢7-1-1、東急田園都市線『桜新町駅』徒歩15分)

主催/一般社団法人 関東大学バスケットボール連盟

運営/一般社団法人 関東大学バスケットボール連盟 医科学部

内容/
安全義務講習会:「マルファン症候群 頭頸部外傷 熱中症 CPR ファースト・エイド」
  小松孝行(順天堂大学医学部附属練馬病院 救急・集中治療科 助教)
  星川精豪(江戸川大学男子バスケットボール部トレーナー)

応用講習会:「スポーツセーフティー ラグビー現場から」、「Bリーグチームでのコンディショニングサポート」
  吉岡淳平(川崎ブレイブサンダース(B リーグ))
  宮崎智之(キヤノンイーグルス(ラグビートップリーグ))

対象/(一社)関東大学バスケットボール連盟所属大学においてトレーナー活動を行っている者、現場においてトレーナー同等の活動を行っているスタッフ・学生・チーム関係者

参加費/関東大学バスケットボール連盟所属学生 安全義務講習会のみ参加:無料(連盟所属外は500円)
      応用講習会:500円(当日徴収)
      他学連所属学生・専門学校生:1,000円(当日徴収)
      一般:1,500円(当日徴収)
※応急キット代: 500円
(安全義務講習会参加者のみ一律)
※連盟所属の応用講習会参加者は選手・スタッフ証の提示

申し込み方法/『一般社団法人関東大学バスケットボール連盟・第2回安全義務講習会申込みフォーム』から必要事項を記入し申し込む
※HP内で締切りが設けられておりますが、前日まで受付可能

問い合わせ/一般社団法人関東大学バスケットボール連盟

スポンサーサイト