FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

日本女子体育大学附属基礎体力研究所 第28回公開研究フォーラム
「身体活動やスポーツを通して人を育てる」


日程/12月2日(土)

時間/午後1時~4時30分

会場/日本女子体育大学本館1階 E101教室

内容/セッションⅠ <基調講演>        
「健全な子どもの育成に役立つ運動・スポーツのあり方」
中村和彦(山梨大学教授)

<基礎体力研究所の成果>ポスター発表&コーヒーブレイク    

セッションⅡ <学際的視座からの挑戦と実践>
「運動経験が子供の学力・認知機能に与える効果」
紙上敬太(早稲田大学講師)

「スポーツがGrit(やり抜く力)を育てるか」
山北満哉(北里大学講師)

「日本のトップレベルの跳躍種目の選手の育成強化―現場の取組から」
吉田孝久(日本女子体育大学)

参加費/無料

問い合わせ/日本女子体育大学附属基礎体力研究所
TEL:03-3300-6172、03-3300-6175
E-mail:kisotai@jwcpe.ac.jp


スポンサーサイト