スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.193(2017年8月号)←詳細&購入はここ!
MSM193_201708231735445c2.jpg 『特集 運動器超音波がもたらす新しい「診療」
──エコーガイド下の治療、エコーでスタッフ連携
 
1.「第2世代の幕開け! 進化続ける運動器エコー」
──超音波画像診断装置の現在と今後の可能性
 松崎正史・ソニックジャパン株式会社 代表取締役
        
2.「日本から世界へ! 進化続ける運動器エコー」
──若いチカラでJapan originalを創る
 笹原 潤・帝京大学スポーツ医科学センター 同大学医学部整形外科学講座、医療技術部スポーツ医療学科
 
3.「超音波診“断”から超音波診“療”の時代へ」
――──ハイドロリリース、超音波ガイド下手術への挑戦
 宮武和馬・横浜市立大学運動器病態学教室、同大学附属病院整形外科

4.「スポーツ医学の本場Stanford大学での挑戦」
──アメリカでのエコーガイド下治療
 福島八枝子・PM&R Sports Medicine Orthopaedic Surgery, Stanford University

第 12 回 埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会
(一般演題募集のお知らせ)


日程/10 月 28 日(土)

時間/午後3時30分より(予定)

会場/埼玉医科大学かわごえクリニック 6階 大会議室(埼玉県川越市脇田本町21-7)

後援/埼玉県整形外科医会、埼玉県健康スポーツ医会、埼玉県体育協会、埼玉県理学療法士会

共催/埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会、久光製薬株式会社

内容/【一般演題】
演題募集中 5 題程度
座長:森 芳久(埼玉医科大学かわごえクリニックリハビリテーション外来 准教授)

【シンポジウム】
『動的アライメントから理解するアスレチック・リハビリテーション』
座長: 鈴木俊一(川口工業総合病院 リハビリテーション科 技師長)
コメンテーター:熊井 司(早稲田大学 スポーツ科学学術院 教授)

① 「ACL 再建術前後のアスレチック・リハビリテーション――再損傷リスクと競技復帰阻害因子へのアプローチ-」
相澤純也(東京医科歯科大学スポーツ医歯学診療センター アスレチック・リハビリテーション部門長)

② 「柔道選手の肩関節外傷後のアスレチック・リハビリテーション」
笠原政志(国際武道大学 体育学部 大学院 准教授)

③「ATFL 損傷後のスポーツ復帰プログラム~performance 評価と collective exercise~」 中村有希(上尾中央総合病院 リハビリテーション技術科)

【特別講演】
『足部オーバーユース障害に対する保存療法――新しい治療戦略-』
座長:荻内隆司(川口工業総合病院 副院長 整形外科部長)
熊井 司(早稲田大学 スポーツ科学学術院 教授)

認定単位/日本整形外科学会教育研修会 1 単位 分野番号[02] [12]または[S]スポーツ医
日医認定健康スポーツ医学再研修会 1 単位(予定)
日本リハビリテーション医学会生涯教育単位付与項目 10 単位

定員/200 名(会場の座席数が限られておりますのでご了承下さい)

参加費/一般 2,000 円
日本整形外科学会研修単位取得希望:教育研修受講費 1,000 円
日本リハビリテーション医学会生涯教育単位取得希望:受講費 1,000 円

申し込み方法/下記の事務局宛に「埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会参加希望」として、電子メールまたは FAX にて
①~③の事項を記入の上、申し込む
①氏名(ふりがな)
②所属施設名・職種
③連絡先郵便番号・住所・電話番号・メールアドレスあるいは FAX 番号

申し込み締切/10 月 14 日(土)

一般演題応募方法/事務局宛に電子メールにて、
①演題名
②発表者名
③発表者所属先
④メールアドレス
を記載し応募する

一般演題応募締め切り/9 月 30 日(土)

問い合わせ/埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会事務局
埼玉医科大学かわごえクリニックリハビリテーション科(担当:森 芳久)
TEL:049‐238-8292
FAX:049‐238-8273
E-mail:kcreha@saitama-med.ac.jp
スポンサーサイト