スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.195(2017年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ195WEB.jpg 『特集 挑戦!」
──5人の専門家、高みと広がりを目指して
 
1.「女性アスリートの問題に取り組む」
──東京大学医学部附属病院開設の
   「女性アスリート外来」
 能瀬さやか・東京大学医学部附属病院 女性診療科・産科
        
2.「大きな変革期を迎えた日本の野球への提言」
──「野球医学」を提唱し、医師として挑戦し続ける
 馬見塚尚孝・西別府病院スポーツ医学センター 副長、
   野球医学科・肩肘関節外科
 
3.「「自分だからこそ」すべき研究は何なのか」
──信念と行動力、それが挑戦になっていく
 篠原 稔・ジョージア工科大学 准教授
 
4.「医師、理学療法士、管理栄養士、コーチが連携して行う脳梗塞患者の
   SUB4プロジェクト」──専門家が連携、患者さんの夢をサポート
 細野史晃・プロランニングコーチ

5.「現役引退後の選手が目指す新たな道」
──元水泳選手でビジネスマン経験もあり、独立プロコーチとして挑む
 前田康輔・プロスイムコーチ
 
第 12 回 埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会
(一般演題募集のお知らせ)


日程/10 月 28 日(土)

時間/午後3時30分より(予定)

会場/埼玉医科大学かわごえクリニック 6階 大会議室(埼玉県川越市脇田本町21-7)

後援/埼玉県整形外科医会、埼玉県健康スポーツ医会、埼玉県体育協会、埼玉県理学療法士会

共催/埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会、久光製薬株式会社

内容/【一般演題】
演題募集中 5 題程度
座長:森 芳久(埼玉医科大学かわごえクリニックリハビリテーション外来 准教授)

【シンポジウム】
『動的アライメントから理解するアスレチック・リハビリテーション』
座長: 鈴木俊一(川口工業総合病院 リハビリテーション科 技師長)
コメンテーター:熊井 司(早稲田大学 スポーツ科学学術院 教授)

① 「ACL 再建術前後のアスレチック・リハビリテーション――再損傷リスクと競技復帰阻害因子へのアプローチ-」
相澤純也(東京医科歯科大学スポーツ医歯学診療センター アスレチック・リハビリテーション部門長)

② 「柔道選手の肩関節外傷後のアスレチック・リハビリテーション」
笠原政志(国際武道大学 体育学部 大学院 准教授)

③「ATFL 損傷後のスポーツ復帰プログラム~performance 評価と collective exercise~」 中村有希(上尾中央総合病院 リハビリテーション技術科)

【特別講演】
『足部オーバーユース障害に対する保存療法――新しい治療戦略-』
座長:荻内隆司(川口工業総合病院 副院長 整形外科部長)
熊井 司(早稲田大学 スポーツ科学学術院 教授)

認定単位/日本整形外科学会教育研修会 1 単位 分野番号[02] [12]または[S]スポーツ医
日医認定健康スポーツ医学再研修会 1 単位(予定)
日本リハビリテーション医学会生涯教育単位付与項目 10 単位

定員/200 名(会場の座席数が限られておりますのでご了承下さい)

参加費/一般 2,000 円
日本整形外科学会研修単位取得希望:教育研修受講費 1,000 円
日本リハビリテーション医学会生涯教育単位取得希望:受講費 1,000 円

申し込み方法/下記の事務局宛に「埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会参加希望」として、電子メールまたは FAX にて
①~③の事項を記入の上、申し込む
①氏名(ふりがな)
②所属施設名・職種
③連絡先郵便番号・住所・電話番号・メールアドレスあるいは FAX 番号

申し込み締切/10 月 14 日(土)

一般演題応募方法/事務局宛に電子メールにて、
①演題名
②発表者名
③発表者所属先
④メールアドレス
を記載し応募する

一般演題応募締め切り/9 月 30 日(土)

問い合わせ/埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会事務局
埼玉医科大学かわごえクリニックリハビリテーション科(担当:森 芳久)
TEL:049‐238-8292
FAX:049‐238-8273
E-mail:kcreha@saitama-med.ac.jp
スポンサーサイト