スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.193(2017年8月号)←詳細&購入はここ!
MSM193_201708231735445c2.jpg 『特集 運動器超音波がもたらす新しい「診療」
──エコーガイド下の治療、エコーでスタッフ連携
 
1.「第2世代の幕開け! 進化続ける運動器エコー」
──超音波画像診断装置の現在と今後の可能性
 松崎正史・ソニックジャパン株式会社 代表取締役
        
2.「日本から世界へ! 進化続ける運動器エコー」
──若いチカラでJapan originalを創る
 笹原 潤・帝京大学スポーツ医科学センター 同大学医学部整形外科学講座、医療技術部スポーツ医療学科
 
3.「超音波診“断”から超音波診“療”の時代へ」
――──ハイドロリリース、超音波ガイド下手術への挑戦
 宮武和馬・横浜市立大学運動器病態学教室、同大学附属病院整形外科

4.「スポーツ医学の本場Stanford大学での挑戦」
──アメリカでのエコーガイド下治療
 福島八枝子・PM&R Sports Medicine Orthopaedic Surgery, Stanford University

第29回テニス学会

日程/12月8日(金) 18:00~ 運営委員会(運営委員の方はお集まり下さい)
     12月9日(土)~12月10日(日)

時間/9 日:午前 9時より
    10 日:午前9時より

会場/慶應義塾大学 日吉キャンパス(神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1 )

参加申し込み方法/研究発表をされる方(共同研究者を含む)は、研究発表の申し込みが参加申し込みになりますので、あらためての参加申し込みは必要ありません。詳しくは「5.一般研究発表申込」をご覧ください。
それ以外の参加者の方は、同封の参加申込書、もしくは学会ウェブサイトから、大会参加申込書をダウンロードしていただきまして、E-Mail 添付ファイルでお申し込みください。
E-Mail 送付先 ⇒ conf-29@jsts.cc

参加申し込み期限/9 月12 日(火)

参加費/参加費前納(9 月12 日まで)
参加費 正会員:5,000 円 学生正会員:3,000 円 非会員:7,000 円 非会員学生:5,000 円
懇親会 一般 :3,000 円 学生:1,000 円
当日申し込みの場合(9 月13 日以降振込の場合も下記料金)
参加費 正会員:6,000 円 学生正会員:4,000 円 非会員:8,000 円 非会員学生:6,000 円
懇親会 一般 :4,000 円 学生:2,000 円
テニス大会は無料

学会参加費前納期限/9 月12 日(火)です。※同日以降の振り込みは当日料金となります。
お支払いは、同封の郵便払込書をご使用ください。複数名まとめてお支払いいただいても結構です
注:研究発表の申し込みをされた方(共同研究者を含む)の納入期限は、採否連絡後、1週間以内となります。

一般研究発表申込/
(1)研究発表申込 裏ページの『学会大会発表申込について』に基づきます。
発表者の資格は、発表者(ファーストオーサー)は、平成29 年度年会費を納入している会員に限ります。
また、共同研究者は非会員でも結構ですが、学会参加費の納入をされた方に限ります。
(2)申込締め切り 平成29 年9 月12 日(火)まで受け付けます。
(3)申込方法 演題・発表者名・所属名・発表者(ファーストオーサー)の年齢・発表方法と、要旨(タイトル・演者名を除き500 字以内)を、下記『8.大会事務局』まで、E-Mail にて送ってください。
(4)申込先 『8.大会事務局』までお送りください。
(5)採否審査 発表の可否について審査を行います。採否の連絡は、申込締切日から1 週間以内です。
(6)参加費の納入 連絡後、1週間以内(採否の連絡の際に期日をお知らせします)に参加費の支払いをしてください。支払い
のない場合は、発表を取り消させていただきます。

大会プログラム/平成29 年11 月上旬頃に発送予定です。大会日程、会場案内図、発表時間および方法の詳細については、この大会プログラムまたはテニス学会ウェブサイトにて案内させていただきます。

宿泊/宿泊は、各自で手配してください。

問い合わせ/大会事務局
〒223-8521 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1 慶應義塾大学体育研究所 村松憲、坂井利彰、稲見崇孝
TEL:045-566-1068
E-mail:conf-29@jsts.cc

研究発表報告原稿の提出/下段「学会大会発表申込について」の『(5)研究発表報告原稿の提出』に基づき、平成30 年1 月15 日(月)までに、E-Mailにて提出下さい。
「テニスの科学」編集委員宛 E-Mail:hensyu@jsts.cc

学会大会発表申込について/
(1)研究発表
研究発表は、テニスに関する研究で、できるだけ現場とつながりのある応用的な研究を募集します。必ずしも、データを提示する必要はありません。選手やコーチに役立つものと思われる内容でしたら、アイデアや提言だけでも、分かりやすい形にまとめて発表されることを歓迎します。

(2)発表方法
発表方法は、オンコート発表、口頭発表、ポスター発表となります。オンコート発表・口頭発表の一演題あたりの時間は、発表15 分・質疑討論10 分の合計25 分の予定ですが、申し込み件数によっては時間を変更する場合があります。ポスター発表は責任着座制とし、短時間の発表内容紹介をしていただいた後、質疑応答の時間を設けます。詳しくは、大会プログラムをご覧下さい。

(3)演題の応募
演題・発表者名・所属名・発表者(ファーストオーサー)の年齢・発表方法と、要旨(タイトル・演者名を除き500 字以内)を実施要
項に記載される締切日までに、E-Mail で大会事務局までお送り下さい。分量オーバーの場合は修正をしていただきます。
要旨は、自分の研究の内容を簡潔に記載してください。提出された要旨を基に、審査担当者により採否審査を行います。
採否については申込締め切り後、一週間以内にお知らせします。採択された演題の要旨は、大会プログラムに掲載されます。

(4)日本テニス学会研究奨励賞について
①目的 本賞は、テニス学会において優れた研究発表を行った若手研究者・指導者に、今後さらにその大成を期し、研究・指導振興
の一助となることを目的として設置するものです。
②資格 テニス学会一般研究発表者のうち、年齢35歳以下の方。
③結果報告 テニス大会(10 日(日)を予定)終了後に発表します。
④表彰 受賞者には、日本テニス学会研究奨励賞を贈ります。本賞の副賞(金一封)は、選考委員会が予定額の範囲内で決定します。
(5)研究発表報告原稿の提出
一般研究発表を行った方は、平成30 年1 月15 日(月)までに、E-Mail で提出して下さい。
原稿は、ワードプロセッサで、2ページ(タイトル、演者名、図・表すべてを含む、1ページあたり45 字/行、50 行)で作成してください。分量オーバーの場合は修正していただきます。

送り先:「テニスの科学」編集委員宛
E-Mail:hensyu@jsts.cc
スポンサーサイト