FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.205(2018年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ205.jpg
『特集 肩甲骨の動きと働き」
──5つの視点からみる肩甲骨
 
1.「セラピストのための肩甲骨キネマティクス」
──最新の3次元動作解析による研究と臨床応用
 乾 哲也・千里リハビリテーション病院 大阪大学大学院医学系研究科 運動器バイオマテリアル学 RPT、M.A.(学術修士)

2.「運動過程の違いによる肩甲骨機能の変化」
 楠 貴光・医療法人和松会 六地蔵総合病院リハビリテーション科 RPT、MS(保健医療学)
 
3.「運動課題による肩甲骨周囲筋活動の変化とその特徴」
 井尻朋人・医療法人寿山会 喜馬病院 法人リハビリテーション部 部長 RPT、MS(保健学修士)
 
4.「肩甲骨周囲筋群の筋活動とオーバーヘッドスポーツにおける肩甲骨機能」
 福島秀晃・伏見岡本病院 リハビリテーション科 RPT
 
5.「結帯動作時の肩甲骨運動と筋活動について」
 白井孝尚・医療法人寿山会 喜馬病院 法人リハビリテーション部 RPT
 
6.「座談会:肩甲骨の研究をめぐって」
 参加者:乾 哲也、楠 貴光、井尻朋人、福島秀晃、白井孝尚
  進行:鈴木俊明・関西医療大学大学院 研究副科長 教授
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KT TAPEセミナー[BASIC]in大阪

日時/2018年2月3日(土)

時間/午後6時~9時(受付開始:午後5時30分より)

会場/グリーンホスピタルサプライ株式会社 会議室(大阪府吹田市春日3-20-8)

内容/世界初合成繊維100%のキネシオロジーテープ「KT TAPE pro」のセミナー[BASIC]コース。
研究データを使用したKT TAPEの機能説明など座学がメイン。3部位への基礎的な貼り方の実技。

講師/原田武史

定員/30名(定員になり次第締切)

受講料/3,000円

申し込み方法/webサイトより申し込む

問い合わせ/KT TAPE JAPAN(株式会社グランデ)
TEL:047-438-2424


KT TAPEセミナー[ADVANCED]in 大阪

日時/2018年2月4日(日)

時間/午前10時~午後1時30分(受付開始:午前9時30分より)

会場/グリーンホスピタルサプライ株式会社 会議室(大阪府吹田市春日3-20-8)

内容/世界初合成繊維100%のキネシオロジーテープ「KT TAPE pro」セミナーの[ADVANCED]コース。
臨床応用編として実技をメインに実践的なテーピングを習得(12部位を予定)。

講師/原田武史

定員/30名(定員になり次第締切)

受講料/5,000円

申し込み方法/webサイトより申し込む

問い合わせ/KT TAPE JAPAN(株式会社グランデ)
TEL:047-438-2424
スポンサーサイト
第1回関節疾病予防セミナー

日程/2018年3月24日(土)~25日(日)

時間/24日:午前9時45分~午後6時、25日:午前9時30分~午後4時45分

会場/フォーラムエイト(東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル)

内容/2005年より13回開催してきたSPTS(スポーツ理学療法セミナー)が、今年度より「関節疾病予防セミナー」として、リニューアル。

24日:「変形性膝関節症の進行予防」「サルコペニアの進行予防」など関節疾病予防をテーマに講演6題予定。

25日:関節拘縮の基礎科学から、拘縮治療の最先端まで、リリースによる治療法を含めたテーマ。文献レビューを中心とした10分程の発表を20本程度予定。

受講料/【日本健康予防医学会 正会員特別価格】
 ・早期割引:2日セット 14,000円(税込、2018年1月31日までの申し込み)
 ・2日セット:会員通常価格 16,000円(税込)
【一般】
 ・早期割引:2日セット 17,000円(税込、2018年1月31日までの申し込み)
 ・2日セット:一般通常価格 20,000円(税込)
【個別参加】
 ・1日目のみ:10,000円(税込)
 ・2日目のみ:12,000円(税込)

申し込み方法/WEBにて該当セミナーを買い物カゴに入れ、ご購入手続きを行う

問い合わせ/株式会社GLAB
TEL:0823-36-2469
E-mail:seminar@g-lab.biz
第4回投球動作研究会研究集会

日程/12月23日(祝・土)

時間/午前10時~午後4時30分(受付開始午前9時30分)

会場/連合会館大会議室(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)

主催/投球動作研究会

共催/Creative-Sports

内容/「開会の挨拶と本日の流れ」久保田正一(くろだ整形クリニック、野球動作指導Baseball-Station筑後)

◆シンポジウム『リリースにおける「前で投げろ」とは?その弊害は?』
 松下登(葛西少年野球連盟二小クラブ監督)
河合雄也(NPO法人八王子ボーイズ監督)
 久保田正一(くろだ整形クリニック、野球動作指導Baseball-Station筑後、理学療法士)

◆投球動作シンポジウム
『理想のリリースポイント作り~それぞれの立場から~』
 高井良洋二(上溝南高校野球部部長)
 前田健(BCSベースボールパフォーマンス代 表取締役)
 松本武士(浜松市立リハビリテーション病院、理学療法士)

『リリースポイントで必要なトレーニング指導』
 相原雅也(ホグレルモーションセラピスト)
 三橋佳(新日鉄住金鹿島野球部トレーナー)

受講料/一般:8,000円、当日9,000円
     学生(医療、トレーナー関係):4,000円、当日5,000円
     選手無料
(※学生、選手は学生証の提示をお願い致します。医療、トレーナー関係の学生であり選手は選手とみなしません)
※振込先は、後日ご連絡します。

定員/150名

申し込み締切/12月12日(月)

申し込み方法/PC・スマホまたは携帯から申し込む

問い合わせ/Creative-Sports
『野球肩・肘撲滅』Facebookで情報発信.。『久保田正一』に申請
投球動作指導Baseball-Station筑後
第29回テニス学会

日程/12月9日(土)~12月10日(日)

時間/9日:午前9時45分~午後5時(受付開始:午前9時より)、懇親会:午後5時15分~7時15分
    10日:午前9時~午後3時45分(受付開始:午前8時45分より)

会場/慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1)

内容/9日:一般研究(口頭発表①)3題、一般研究(オンコート①)2題
       特別講演「テニスで学ぶ術」植田実(日本テニス協会強化本部本部長)
       シンポジウム「データ活用最前線」
          三橋大輔(筑波大学体育系准教授、筑波大学硬式庭球部監督)
          池田亮(日本テニス協会強化本部/強化情報・科学委員会副委員長)
          坂井利彰(慶應義塾大学体育研究所講師、同大学體育會庭球部監督)

10日:一般研究発表(ポスター発表①)6題、一般研究発表(ポスター発表②)7題、
    一般研究発表(口頭発表②)4題、一般研究発表(口頭発表③)2題、一般研究発表(オンコート発表②)1題
     テニス大会
     表彰式

参加費/正会員6,000 円、学生正会員4,000 円
      非会員8,000 円、非会員学生6,000 円
      懇親会:一般4,000 円、学生2,000 円、テニス大会は無料

問い合わせ/第29回テニス学会大会事務局
慶應義塾大学体育研究所(担当:村松、坂井、稲見)
TEL:045-566-1068
E-mail:conf-29@jsts.cc

京都運動器障害予防研究会
第1回「京都投球障害学セミナー」


日程/1月21日(日)

時間/午前9時30分~午後4時

会場/同志社大学 今出川キャンパス 良心館

共催/NPO法人京都運動器障害予防研究会、同志社大学スポーツ健康科学会、科研製薬(株)

内容/【基礎編】 
1.「野球選手に多く見られる傷害」
2.「投球障害肩・肘の病態解剖、診断および治療」
   木田圭重(京都府立医科大学 整形外科医師)
3.「野球選手の身体特性 関節可動域中心に」
   平本真知子(丸太町リハビリテーションクリニック 理学療法士)
4.「スポーツバイオメカニクスの基礎」
   来田宣幸(京都工業繊維大学)
5.「投球障害診療の総論」
   森原 徹(京都府立医科大学 整形外科)

【運動連鎖から考える実践アプローチ】
1.疼痛期-早期に疼痛を消失するための評価法―
①コンセプトの概要 
②「肩・肘障害(肩関節インターナルインピンジメント、肘内側障害)」
     松井知之(丸太町リハビリテーションクリニック 理学療法士)
③「体幹障害(腰椎分離症、腰椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群など)」
     江藤寿明(伏見岡本病院 理学療法士)
④「下肢障害(シンスプリント、オスグッドなど)」
     東 善一(丸太町リハビリテーションクリニック 理学療法士)

2.投球動作への準備期 ―機能障害と投球動作との結びつき―
①「ファンクショナル投球テストの意義」
     東 善一(丸太町リハビリテーションクリニック 理学療法士)
②「投球動作に必要な6つの評価方法」
     山口弘佑(丸太町リハビリテーションクリニック 理学療法士元日本、ハムファイターズプロ野球投手)

3.投球復帰期 -バイオメカニクスと実践指導法- 
①「投手における三次元動作解析のデータの結果から」
    瀬尾和弥(京都府立医科大学 リハビリテーション部 理学療法士)
②「評価のチェックポイントと指導法」
    松井知之(丸太町リハビリテーションクリニック 理学療法士)

参加費/10,000円
※NPO法人の活動(野球肩肘検診事業)は寄付で運営されております。継続するためには、みなさまの3000円以上の寄付が必要

問い合わせ/京都運動器障害予防研究会

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。