FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


東京有明医療大学・第2回スポーツ医科学フェスティバル
――スポーツ・栄養・健康の最先端を体験!


日程/2月17日(土)

時間/①午前9時30分~午後12時20分、②午後12時30分~1時10分、③午後12時~2時

会場/学校法人 花田学園 東京有明医療大学(東京都江東区有明2丁目9番1号)

内容/①「バスケットボールクリニック」
      日本代表の経験を有する選手とトレーナーらが基礎技術向上とケガ予防の実践指導
       コーチ:藤生喜代美(トレジャーリンク所属、元シャンソン化粧品)
       トレーナー:津田清美(トレジャーリンク所属、日体協会公認アスレティックトレーナー)
    
    ②「ジュニア選手のための食育クリニック」
       ジュニア選手に必要なスポーツ栄養学(食事)の考え方、取り組みを学ぼう
       講師:青山晴子(株式会社明治)

    ③「アスレティックトレーナーによる測定評価体験教室 」

参加費/入場無料
      ①のみ保険料100円

対象/①中学生バスケットボール選手(チーム単位でも個人でも申込み可能)
    ②上記クリニックの参加選手、保護者を含め、興味のある方はどなたでも参加可能
    ③どなたでも参加可能

定員/①50名

申し込み方法/WEBサイトより

問い合わせ/東京有明医療大学


スポンサーサイト