FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

足捻挫
――再発させないで復帰させる~DMTによるリハビリテーション戦略


日程/①3月4日(日)、②3月4日(日)、③3月11日(日)、④3月18日(日)、⑤3月25日(日)、⑥4月1日(日)

時間/すべて午後1時~5時(受付/午後12時30分~)

会場/①南川整形外科病院(福岡県福岡市)
②フィジオルーム(岡山県岡山市)
③エムエムマイスター(静岡県藤枝市)
④健美家セミナールーム(東京都港区)
⑤リハビリデイサービス隼人国分(鹿児島県霧島市)
⑥横浜リハビリテーション専門学校(神奈川県横浜市)

内容/DMT(Dutch Manual Therapy:オランダ徒手療法)が提唱する足関節捻挫を再発なく競技復帰させるためのリハビリのポイントは、「急性期の対応」と「組織の抵抗力」。
今回のセミナーは、一般的な機能解剖や、治療手技、エビデンスの紹介、テーピング方法ではなく、足関節捻挫をどのように評価し、再発させないようにトレーニングをさせれば良いのかというリハビリテーションの全体像をお伝えするセミナー

講師/土屋潤二(日本オランダ徒手療法協会・代表理事)
    橘田幸博、長島将太(日本オランダ徒手療法士協会認定インストラクター)

定員/20名(要予約、先着順)

受講料/一般7,000円、メルマガ会員5,000円

申し込み方法/お申し込みフォームに必要事項を明記し申し込む。

問い合わせ/日本オランダ徒手療法協会事務局(担当:渕上)
問い合わせフォーム
DMTスクール

スポンサーサイト