FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.204(2018年9・10合併号)←詳細&購入はここ!
204表紙
『特集 パフォーマンス向上と障害予防」
──コーチングと医学をつなぐもの。野球を例に
 
1.「遠くに飛ばすバッティングが障害予防にもつながる」
 宮川昭正・明治大学卒、元広島工業高校監督、BSH株式会社

2.「野球選手の腰部障害に取り組んで」
──腰椎分離症と黄色靭帯骨化症について
 加藤欽志・福島県立医科大学医学部整形外科学講座 助教
 
3.「パフォーマンス向上と障害予防の両立」
──野球の現場と医療現場に身をおいて考えること
 馬見塚尚孝・独立行政法人 国立病院機構 西別府病院 スポーツ医学センター副長、
        野球医学科


日本運動器SHOCK WAVE研究会学術集会
SHOCK WAVE JAPAN 2018
――スポーツ障害治療と機能回復-ESWTの可能性


日程/6月24日(日)

時間/午前9:00~午後3時30分 ※終了時間は変更になる可能性あり

会場/大崎ブライトコアホール(東京都品川区北品川5丁目5-15 大崎ブライトコア3F)

主催/日本運動器SHOCK WAVE研究会

会長/熊井 司(早稲田大学スポーツ科学学術院 教授)

内容/今年で3回目となる体外衝撃波治療についての知識を深めることのできるセミナー。
※詳細は研究会HP参照

定員/130名程度(要予約)

受講料/医師7,000円、コメディカル3,000円(年会費含む)

申し込み方法/下記メールまたは日本運動器SHOCK WAVE研究会HP内の申し込みフォームから申し込む

問い合わせ/日本運動器SHOCK WAVE研究会
E-mail:vmg-shockwave2018@karlstorz.co.jp

スポンサーサイト
冬季オリンピック帯同トレーナー報告会 

日程/5月27日(日)

時間/午前10時~午後6時(受付:午前9時30分より)

会場/CLIMB Factoryセミナールーム(東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー28階)

内容/Qオリンピックでの裏話は?
Q平昌ってどんなところ?
Q トレーナーとして一必要なものは何?

ここでしか聞けない平昌オリンピックのエピソードを公開!

「スキーナショナルチーム帯同報告」伊藤秀吉トレーナー
「スノーボードナショナルチーム帯同報告」樋口守トレーナー
「コンディショニング&パフォーマンスのサポート報告」高谷温子トレーナー

参加費/5,000円(税込)
※銀行振込のみ。

申し込み方法/申し込みフォームから申し込む(先着順)

問い合わせ/株式会社ケッズトレーナー
E-mail:info@moract.co


筋膜のリリースツール MORACTテクニック体験会

日程/ご希望の参加日、時間に合わせて対応

会場/ケッズトレーナーLab(東京都新宿区)
※東京開催のみならず、地方でも積極的に開催

内容/メイドインジャパンにこだわり抜いた、筋膜のリリースツール『MORACT(モアクト)』。
今までのツールとは圧倒的に違う研磨の美しさと滑らかさ、選ばれた職人しか造れない逸品。
そして、MORACTを使った手技と評価・エクササイズまでセットにした『MORACTテクニックセミナー』を開催。

参加費/1,000円 (当日現金)

申し込み方法/件名に「体験会希望」本文に「お名前、電話番号、メールアドレス、希望の日時を3つほど」を明記して下記のアドレスにメールでお申し込みください。

問い合わせ/MORACTテクニックジャパン事務局
E-mail:info@moract.co
レッドコード (Sling Exercise Therapy)
アクティブ イントロダクション コース/アクティブ マルチ-サスペンション コース

日程/イントロダクション コース: 6 月 16 日(土)
  マルチ-サスペンション コース: 6 月 17 日(日)

時間/両日とも:午前9時~午後5時( 受付:午前8時30分より)

会場/フィジオセンター(東京都港区虎ノ門 3-7-14 AM ビル 3 階)

主催/ノルウェー王国 Redcord 社研修センター 認定 スタビリティ研究会

内容/
イントロダクションコース:レッドコードの基本概念とベースとなるトレーニング
マルチ-サスペンションコース:機能的な筋力やファンクショナル スタビリティを向上させるための多次元的回旋トレーニング

講師/Øyvind Pedersen(エイベン・ペダーセン、シニア アクティブ コース インストラクター)

アシスタント兼 通訳/山本泰三(スタビリティ研究会 代表 Neurac 2 instructor)
              大田幸作(フィジオセンター Neurac 2 instructor)
定員/24名

対象/スポーツやフィットネス領域のパーソナル トレーナーやフィットネス インストラクター、コーチを対象。
    健康増進に興味のある人や競技者、アスリート本人も参加可

テキスト/国際認定 アクティブ イントロダクション コース テキスト(日本語訳)
       国際認定 アクティブ マルチ-サスペンション コース テキスト(日本語訳)

修了証/2 日間修了者にノルウェー王国 Redcord 社研修センターより国際修了証を発行

受講費/30,000 円(国際認定テキスト・国際認定証を含む)

申し込み方法/スタビリティ研究会のホームページから申し込む
1 日のみの申し込みは不可。また、スマートフォンのメールを登録アドレスに使用しないこと

問い合わせ/スタビリティ研究会
E-mail:redcordset@yahoo.co.jp

女性スポーツ勉強会in東京
――女性スポーツの環境を変えていこう!


日程/4月14日(土)

時間/午後1時~4時45分(午後12時15分開場)、情報交換懇親会:午後5時30分

会場/東京ウィメンズプラザ(地下鉄「表参道」徒歩7分)

主催/NPO法人バレーボール・モントリオール会

協賛/日本水産株式会社、 株式会社ポピンズ

協力:一般社団法人東京都スポーツ推進委員協議会
    一般社団法人全国スポーツクラブコミッション
    女性アスリート支援委員会(がんばれ!やまとなでしこプロジェクト)

内容/これまでの勉強会では女性の身体のことを重点的に行ってきましたが、そのほかの心理面やトレーニング環境などについても考えていきたいと思います。

欧米ではMe too とセクハラやパワハラを告発する動きが活発になり、さらに米国体操で明らかになった帯同ドクターによるセクハラの深刻な問題が裁判にかけられています。

日本ではなかなかこうした問題に直接切り込むことがタブーのように思われていますが、そうは言っていられません!
今回も目から鱗が落ちるお話がたくさん出てくると思います。

講師/宇津木妙子(ソフトボール元日本代表監督)
北田(旧姓持田)典子(全日本柔道連盟理事、ソウル五輪銅メダリスト)
沖 美穂(自転車ロードレース選手、シドニー、アテネ、北京五輪代表)
池田(旧姓矢野)広美(1976年モントリオール五輪女子バレー金メダリスト)
高尾美穂(スポーツドクター、産婦人科)

総合コーディネーター:宮嶋泰子(テレビ朝日スポーツコメンテーター)

対象/男女問わず、どなたでも参加可能

参加費/一般3,000円、学生2,000円、高校生1,000円

申し込み方法/メール:件名を「4月14日申し込み」とし、①お名前(ふり仮名)、②所属先、③スポーツキャリアの有無、④託児依頼の有無、⑤懇親会への参加有無(別途5000円)、⑥車いす使用の有無等を明記のうえ、下記E-mailアドレスに申し込む

コクチーズ」からも申し込み可

問い合わせ/NPO法人バレーボール・モントリオール会
E-mail:womenssportslovers@yahoo.co.jp
http://montreal.sports.coocan.jp/

「インディバ®・アクティブ」4月東京セミナー
Exercise is Medicine
~ハイブリッド治療の必要性~


日程/4月7日(土)

時間/午後1時~2時30分

会場/株式会社インディバ・ジャパン東京本社

内容/五輪のメディカルスタッフなど、国際舞台での経験も豊富な鈴木氏が、同社が推奨するファンクショナルトレーニング理論や、動作評価の考え方、機能改善のためのエクササイズ、プログラムデザインを、実技を踏まえて紹介

講師/鈴木岳.
1997年ワシントン州立大学卒。1998年、全日本スキー連盟フリースタイル(モーグル)チーム専属トレーナーとなり、以後ソルトレイク、トリノ、バンクーバー、ソチの冬季五輪に帯同。ロンドン、リオデジャネイロ五輪では日本代表選手団本部メディカルスタッフを務め、現在は公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織員会大会準備運営第一局でアドバイザー。2003年12月、トップアスリートレベルのサービスを誰もが手軽に受けられる施設を目指し、株式会社R-body projectを設立

定員/30名

申し込み方法/申し込み用紙のPDFをダウンロードし、下記FAX番号に申し込む

問い合わせ/株式会社インディバ・ジャパン 東京本社
TEL:03-5768-8871
FAX:03-5768-8872

渡會公治先生の著書『いますぐできる ロコモ体操』の電子版をMMSSMにアップしました。

ロコモ体操
肩・腰・ひざを強くする

b_shop_011.jpg
渡會公治(一般社団法人 美立健康協会代表理事、帝京科学大学特任教授)
126ページ 電子書籍(PDF)
2018年3月10日発売
定価:1,296円(本体1,200円+税)

新しい概念の生活習慣病として知られるようになったロコモティブシンドローム(ロコモ)。運動器と呼ばれる骨・筋肉・関節は適切な運動によって健康に保たれます。

この「ロコモ体操」を実践することで元気で楽しい生活を送ることが可能になります。わかりやすく実践しやすいスポーツ医学を説く著者の好著を最新データに差し替え電子化したものです。

詳しくはMMSSMサイトをご覧ください。