FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

渡會公治先生の著書『いますぐできる ロコモ体操』の電子版をMMSSMにアップしました。

ロコモ体操
肩・腰・ひざを強くする

b_shop_011.jpg
渡會公治(一般社団法人 美立健康協会代表理事、帝京科学大学特任教授)
126ページ 電子書籍(PDF)
2018年3月10日発売
定価:1,296円(本体1,200円+税)

新しい概念の生活習慣病として知られるようになったロコモティブシンドローム(ロコモ)。運動器と呼ばれる骨・筋肉・関節は適切な運動によって健康に保たれます。

この「ロコモ体操」を実践することで元気で楽しい生活を送ることが可能になります。わかりやすく実践しやすいスポーツ医学を説く著者の好著を最新データに差し替え電子化したものです。

詳しくはMMSSMサイトをご覧ください。
スポンサーサイト