FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

スポーツパフォーマンス分析士・測定士養成講座 A-2

日程/5月13日(日)

時間/午前9時~午後5時

会場/京都府京都市伏見区

主催/一般社団法人スポーツパフォーマンス分析協会

内容/アジリティA-2【敏捷性の測定とパフォーマンス分析】
反応ありと反応なしのアジリティを分析するための適切な機器の配置、使用方法を習得し、各種アジリティ測定の実施、結果のフィードバックができる。
・アジリティの基礎理論
・光電管+反応センサーのセッティング、使用方法
・アジリティ測定の種類と目的、結果の見方
・方向転換走、プロアジリティ、4センサーアジリティ

定員/10名

対象/大学や専門学校におけるスポーツ医科学の専門科目の習得およびトレーナー、ストレングスコーチ、医療従事者の資格保有者

参加費/50,000円

申し込み方法/HPより申し込む

申し込み締切/5月1日(火)

問い合わせ/一般社団法人スポーツパフォーマンス分析協会
TEL:0467-81-4396
FAX:03-6261-3154
E-mail: jimukyoku@ipas.or.jp

スポンサーサイト