FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.204(2018年9・10合併号)←詳細&購入はここ!
204表紙
『特集 パフォーマンス向上と障害予防」
──コーチングと医学をつなぐもの。野球を例に
 
1.「遠くに飛ばすバッティングが障害予防にもつながる」
 宮川昭正・明治大学卒、元広島工業高校監督、BSH株式会社

2.「野球選手の腰部障害に取り組んで」
──腰椎分離症と黄色靭帯骨化症について
 加藤欽志・福島県立医科大学医学部整形外科学講座 助教
 
3.「パフォーマンス向上と障害予防の両立」
──野球の現場と医療現場に身をおいて考えること
 馬見塚尚孝・独立行政法人 国立病院機構 西別府病院 スポーツ医学センター副長、
        野球医学科


日本体育大学 健康運動教室
「らくらくエアロビクス運動教室」


日程/①5月19日(土)
   ②5月26日(土)
   ③6月23日(土)
   ④6月30日(土)
   ⑤7月28日(土)
   ⑥7月21日(土)

時間/午前10時30分~午後12時

会場/①・③・⑤:横浜・健志台キャンパス第3体育館
    ②・④・⑥:東京・世田谷キャンパス スポーツ棟BF 5B03体操場

主催/日本体育大学社会貢献推進機構

主管/スポーツプロモーション・オフィス

後援/世田谷区、世田谷区スポーツ振興財団、横浜市市民局、横浜市体育協会(予定)

補助/学友会エアロビクス同好会(予定)

内容/「運動についてのお話や体力チェック」
    「音楽をかけてのエアロビクス運動」
    「イスやマットを使用したストレッチ」

講師/①②⑤⑥大津桂子、③佐藤果純、④三矢八千代(いずれも日本体育大学非常勤講師)

対象/一般、中高年齢者

定員/50名(先着順)

受講料/1回500円(1回ごと参加可)
    本学教職員・学生および高校生:無料

申し込み方法/HPより申し込み

受付期間/4月25日(水)~7月27日(金)まで

問い合わせ/日本体育大学社会貢献推進機構スポーツプロモーション・オフィス
TEL:03-5706-0911
FAX:03-5706-0981
E-mail:shakaikouken@nittai.ac.jp

スポンサーサイト