FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.207(2019年1月号)←詳細&購入はここ!
207表紙-1
『特集 マラソン研究」
──東京2020対策からリカバリーはじめマラソンの科学を探る
 
1.「東京2020のマラソンの科学的対応について」
 杉田正明・日本体育大学教授、日本陸上競技連盟科学委員長

2.「マラソン前後の筋肉の硬さ変化とリカバリーの方策」
 稲見崇孝・慶應義塾大学体育研究所
 
3.「フルマラソン前後で足部の形状はどう変化し、どう回復するか」
 深野真子・芝浦工業大学工学部
 
4.「マラソンで生じる筋ダメージの評価」
──骨格筋画像研究の視点から
 東原綾子・早稲田大学スポーツ科学学術院
 
5.「酸素摂取効率勾配(OUES:Oxygen uptake efficiency slope)という指標について」
──生理学的基礎と臨床への応用
 馬場礼三・中部大学生命健康科学部スポーツ保健医療学科 教授、小児科医


日本体育大学 健康運動教室
「らくらくエアロビクス運動教室」


日程/①5月19日(土)
   ②5月26日(土)
   ③6月23日(土)
   ④6月30日(土)
   ⑤7月28日(土)
   ⑥7月21日(土)

時間/午前10時30分~午後12時

会場/①・③・⑤:横浜・健志台キャンパス第3体育館
    ②・④・⑥:東京・世田谷キャンパス スポーツ棟BF 5B03体操場

主催/日本体育大学社会貢献推進機構

主管/スポーツプロモーション・オフィス

後援/世田谷区、世田谷区スポーツ振興財団、横浜市市民局、横浜市体育協会(予定)

補助/学友会エアロビクス同好会(予定)

内容/「運動についてのお話や体力チェック」
    「音楽をかけてのエアロビクス運動」
    「イスやマットを使用したストレッチ」

講師/①②⑤⑥大津桂子、③佐藤果純、④三矢八千代(いずれも日本体育大学非常勤講師)

対象/一般、中高年齢者

定員/50名(先着順)

受講料/1回500円(1回ごと参加可)
    本学教職員・学生および高校生:無料

申し込み方法/HPより申し込み

受付期間/4月25日(水)~7月27日(金)まで

問い合わせ/日本体育大学社会貢献推進機構スポーツプロモーション・オフィス
TEL:03-5706-0911
FAX:03-5706-0981
E-mail:shakaikouken@nittai.ac.jp

スポンサーサイト