FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

丸の内スポーツラボ特別編
野球選手の長期選手育成
――障害予防・パフォーマンス向上・高身長アスリート育成を目指して


日程/9月15日 (土)

時間/午後2時30分~5時

会場/新丸の内ビルディング 10F EGG JAPAN コラボレーションスペース(東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 東京駅徒歩5分)

主催/株式会社ユーフォリア

内容/近年野球界で議論を呼んでいる投手による「投げすぎ問題」について非常にお詳しい野球医学の第一人者である馬見塚尚孝先生(西別府病院スポーツ医学センター副長 野球医学科、日本整形外科学会専門医、筑波大学硬式野球部部長兼チームドクター、U16野球日本代表チームドクター (2011年))による講演

「野球医学専門家」という医師の視点からみた、野球の指導方法や・怪我予防・高身長アスリート育成などについて講演予定

定員/40名

参加費/5,000円(終了後の懇親会はございません)

申し込み方法/Peatixサイトより申し込む

問い合わせ/株式会社ユーフォリア
スポンサーサイト