FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.208(2019年2・3合併号)←詳細&購入はここ!
SQ208.png
『特集 ファーストエイドの疑問と課題」
── RICE処置と創傷処置
 
1.「RICE処置の疑問と課題」
── 捻挫処置における冷却の是非
 笠原政志・国際武道大学体育学部/大学院 准教授、NPO法人コンディショニング科学研究所

2.「創傷に対するファーストエイド」
 田中秀治・国士舘大学大学院救急システム研究科 教授
 
3.「アメリカ、ヨーロッパではどうなのか」
── 野球(MLB)とサッカーの例から
・RICEと創傷処置について
── オーバートレーニング?それともアンダーリカバリー?
   阿部正道・MLB ミネソタツインズアシスタントトレーナー

・急性外傷への対処における問題のみかた
── アイシング云々ではなく、何をどうみるか
 土屋潤二・日本オランダ徒手療法協会 代表理事
 

平成30年度 第2回 健康づくり指導者講座
――コオーディネーショントレーニング基礎講座

H30指導者講座ポスター②
日程/2月24日(日)

時間/午前9時30分~午後12時40分(受付:午前9時)

会場/千葉県総合スポーツセンター内 スポーツ科学センター3階 第2~4研修室(千葉市稲毛区天台町323)

主催/千葉県総合スポーツセンター指定管理者 千葉県体育協会・まちづくり公社グループ

協力/編集工房ソシエタス

内容/講義「コオーディネーショントレーニング基礎講座 ――知性、感性を育む身体運動」
     実技「指導現場で活用するための実践講座――根拠に基づくスポーツ指導」

講師/荒木秀夫(国立大学法人徳島大学名誉教授、NPO法人日本コオーディネーショントレーニング協会理事長)

定員/70名(定員になり次第締切)

対象/健康・体力づくりに関わる指導者、インストラクター、トレーナー等、スポーツ指導に関わる者、内容に興味のある者
※ただし、講座の内容は指導に携わる方が主な対象になります

参加費/一般 2,000円、学生 1,000円(当日、学生証の提示が必要)

※参加費の納入は当日受付時の支払(いかなる場合においても入金後の払い戻しは致しません)
※各種資格発行団体の会員証持参(資格継続希望者のみ)

申し込み方法/
【事前申し込み(前日までの申し込み。当日消印有効)】
・申込用紙を郵送、FAX、メール、受付に提出のいずれかの方法でお申し込みください。

a.申込用紙はインターネット上から印刷するか、スポーツ科学センター2階の受付でお受け取りください。

b.申込用紙郵送先およびFAX番号
郵送先:〒263-0011 千葉県千葉市稲毛区天台町323番地
千葉県総合スポーツセンター 指導者講座係
FAX:043-207-1021

【当日申し込み(事前申し込みで定員に達しない場合のみ)】
・会場受付にて、申込用紙に必要事項を記入してください。
・事前申込多数の場合、お断りする場合があります。

各種資格継続単位認定講座/
・健康・体力づくり事業財団 「健康運動指導士・健康運動実践指導者」
・日本トレーニング指導者協会(JATI)「特別上級、上級、トレーニング指導者」
・NSCAジャパン(NSCA) 「CSCS、NSCA-CPT」

問い合わせ/千葉県総合スポーツセンター(事業運営 担当:河田)
TEL:043-290-8501
E-mail:kawata@cue-net.or.jp

スポンサーサイト
スポーツ科学講座②
――女性アスリートサポート

H30科学講座②ポスター
日程/2月16日(土)

時間/午前9時30分~午後12時40分(受付:午前9時)

会場/千葉県総合スポーツセンター内 スポーツ科学センター 第1研修室(3F)

主催/千葉県競技力向上推進本部、千葉県総合スポーツセンター指定管理者 千葉県体育協会・まちづくり公社グループ

内容/理論「女性アスリートサポート―――気をつけるべき年代別の対処」「
実習「トップアスリートの事例から見る――県内でのサポート体制を実現するために」

講師/土肥美智子(国立スポーツ科学センター メディカルセンター)

対象/スポーツに関わる指導者・学生、インストラクター、トレーナー、栄養士 等、 スポーツ科学に興味のある者

定員/70名

参加費/無料
※各種資格継続単位申請希望者は1資格につき1,000円(日本スポーツ協会公認資格は無料)

各種資格継続単位認定講座(申請中)/公益財団法人日本スポーツ協会「スポーツ科学講座②」を参加された方は、公益財団法人日本スポーツ協会公認スポーツ指導者の資格更新のための義務研修となります。
ただし、「水泳、サッカー、テニス、バスケットボール、バドミントン、剣道、空手道、バウンドテニス、エアロビック(上級コーチのみ)、チアリーディング(コーチのみ)、プロゴルフ(教師・上級教師)、プロテニス、プロスキー、スクーバーダイビング、スポーツドクター、スポーツデンティスト、アスレティックトレーナー、スポーツ栄養士、クラブマネジャー」の有資格者については、別に定められた研修を受けなければ資格を更新できません。テニスの指導者は1 ポイントの実績になります。(平成30 年4 月1 日現在)

・健康・体力づくり事業財団 「健康運動指導士・健康運動実践指導者」
・日本トレーニング指導者協会(JATI)「特別上級、上級、トレーニング指導者」
・NSCAジャパン(NSCA) 「CSCS、NSCA-CPT」
※上記資格は講義3時間分となります

申し込み方法/
【事前申込(前日までの申し込み。当日消印有効)】
・申込用紙を郵送、FAX、メール、受付に提出のいずれかの方法で申し込む

a.申込用紙はインターネット上から印刷するか、スポーツ科学センター2階の受付でお受け取りください。

b.申込用紙郵送先およびFAX番号
郵送先:〒263-0011 千葉県千葉市稲毛区天台町323番地
千葉県総合スポーツセンター スポーツ科学講座係
FAX:043-207-1021

【当日申し込み】
・会場受付にて、申込用紙に必要事項を記入してください。
・事前申込多数の場合、お断りする場合があります。

問い合わせ/千葉県総合スポーツセンター (事業運営担当:河田)
TEL:043-290-8501
FAX:043-207-1021
E-mail:kawata@cue-net.or.jp

第17回東京スポーツ整形外科研究会

日程/4月13日(土)

時間/午後3時~6時30分

会場/イイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区内幸町2-1-1)

共催/東京スポーツ整形外科研究会、久光製薬株式会社

内容/プログラム1 「アスリートの半月板損傷」
座長:岡崎 賢(東京女子医科大学病院 整形外科)       
   板倉尚子(日本女子体育大学 健康管理センター)

講師:「スポーツ選手における外側半月板損傷の諸問題」
   片桐洋樹(東京医科歯科大学大学院 運動器外科学)
  「ACL損傷に合併する半月板損傷の診断と治療」
   林 陸(横浜南共済病院 スポーツ整形外科)
  「半月板手術後のリハビリテーション」
   今屋 健(関東労災病院 中央リハビリテーション部)

プログラム2 「Jones骨折の治療と予防」
座長:高尾昌人(重城病院 CARIFAS足の外科センター)
   荻内隆司(川口工業総合病院 整形外科)

講師:「Jones骨折の危険因子と発生メカニズム」
   村上憲治(帝京科学大学 医療科学部東京理学療法学科)
  「Jones骨折の発生予防と外科治療」
   齋田良知(順天堂大学整形外科・スポーツ診療科)
  「再発予防のためのリハビリテーション」
   松田匠生(横浜市スポーツ医科学センター リハビリテーション科)

プログラム3「解剖とバイオメカニクスの新知見からみた股関節機能診断・リハビリテーション」
座長:古賀英之(東京医科歯科大学大学院 運動器外科学)
講師:宇都宮啓(Steadman Philippon Research Institute)

単位/プログラム1:日整会専門医資格継続1単位 [2]外傷性疾患(スポーツ障害を含む)[12]膝・足関節・足疾患または[S]スポーツ単位
プログラム2:日整会専門医資格継続1単位 [2]外傷性疾患(スポーツ障害を含む)[12]膝・足関節・足疾患または[S]スポーツ単位
プログラム3:日整会専門医資格継続1単位 [11]骨盤・股関節疾患[13]リハビリテーション(理学療法,義肢装具を含む)または[Re]運動器リハビリテーション単位

参加費/3000円(事前申し込み不要、当日支払)
単位申請費:各1000円

問い合わせ/東京スポーツ整形外科研究会
E-mail:mail@tokyo-sports.net


高齢者や低体力者の運動指導者フォーラム「元気kai!2019in東京・福岡」

日程/【東京】 平成31年3月24日(日)
 【福岡】平成31年3月31日(日)

会場/【東京】スクエア荏原(東京都品川区)
【福岡】中小企業振興センター(福岡県福岡市)

主 催:NPO法人1億人元気運動協会

後 援:公益財団法人健康・体力づくり事業財団

協 賛:株式会社明治

協 力:月刊スポーツメディスン

内容/
■クラス1 (10:15~12:15 120分)
「いつまでも立ち上がれる!チェアエクササイズ®のプログラム構成方法「有酸素運動編」」
     NPO法人1億人元気運動協会会長 教育学修士 竹尾好惠

■クラス2 (13:00~15:00 120分)
「ヴォーカリズム~口腔機能を高める!オーラルフレイル予防の実際~」
     一般社団法人 嚥下トレーニング協会 理事 株式会社そらうみ代表 玉澤明人                                                          
■クラス3 (15:20~17:20 120分)
「コグニサイズ~認知症予防運動の理論と実際~」
東京会場:国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 予防老年学研究部 健康増進研究室 中窪 翔
福岡会場:国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 予防老年学研究部 健康増進研究室 土井 剛彦

対象/高齢者・低体力者に関わる職業従事者

参加費/
【各クラス単発受講】
・1億人元気運動協会会員  クラス1~クラス3 各クラス 3,700円 
・1億人元気運動協会会員外 クラス1~クラス3 各クラス 4,700円 

【1DAY受講;全クラス受講】
・1億人元気運動協会会員  10,500円
・1億人元気運動協会会員外 13,600円

継続教育単位 取得可能団体/公益財団法人健康・体力づくり事業財団、公益社団法人日本フィットネス協会、公益財団法人体力つくり指導協会、一般社団法人日本マタニティフィットネス協会

問い合わせ/NPO法人1億人元気運動協会「元気kai」 (担当:仲宗根(ナカソネ))
〒662-0912 兵庫県西宮市松原町3-36-201
E-Mail:nakasone@genki-kyokai.com
TEL:0798-36-3729 
FAX:0798-36-3929
「第15回AASM学会大会」一般研究発表抄録提出の締切のご案内

15th Asian Association for Sport Management Conference (AASM)の開催について、
下記の通りご案内申し上げます。

◆日程
2019年8月7日~9日

◆場所
順天堂大学(日本・東京)

◆一般研究発表
一般研究発表抄録提出の締め切り:【2019年3月8日】

AASMの Call for abstractページをご確認ください。

※大会の詳細に関しては、今後、AASM HPにてアップロードされる情報をご参照ください。

※日本スポーツマネジメント学会は、AASMのアソシエート・メンバーです。
新年明けましておめでとうございます

旧年中は月刊スポーツメディスンはじめ各種出版物、
ネットコンテンツ、イベント等で大変お世話になりました。

ありがとうございます。

本年も変わらずご愛顧のほど、よろしくお願いします。

年賀状につきましては、恐縮ながら、このご挨拶をもってかえさせていただきます。

今年もいろいろ意義あることをやっていきますので、よろしくお願いします。

編集工房ソシエタス
清家輝文、田口久美子

f19e7801608089a32b8d5e67e7a9435e_t.jpeg