FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.208(2019年2・3合併号)←詳細&購入はここ!
SQ208.png
『特集 ファーストエイドの疑問と課題」
── RICE処置と創傷処置
 
1.「RICE処置の疑問と課題」
── 捻挫処置における冷却の是非
 笠原政志・国際武道大学体育学部/大学院 准教授、NPO法人コンディショニング科学研究所

2.「創傷に対するファーストエイド」
 田中秀治・国士舘大学大学院救急システム研究科 教授
 
3.「アメリカ、ヨーロッパではどうなのか」
── 野球(MLB)とサッカーの例から
・RICEと創傷処置について
── オーバートレーニング?それともアンダーリカバリー?
   阿部正道・MLB ミネソタツインズアシスタントトレーナー

・急性外傷への対処における問題のみかた
── アイシング云々ではなく、何をどうみるか
 土屋潤二・日本オランダ徒手療法協会 代表理事
 

新年明けましておめでとうございます

旧年中は月刊スポーツメディスンはじめ各種出版物、
ネットコンテンツ、イベント等で大変お世話になりました。

ありがとうございます。

本年も変わらずご愛顧のほど、よろしくお願いします。

年賀状につきましては、恐縮ながら、このご挨拶をもってかえさせていただきます。

今年もいろいろ意義あることをやっていきますので、よろしくお願いします。

編集工房ソシエタス
清家輝文、田口久美子

f19e7801608089a32b8d5e67e7a9435e_t.jpeg
スポンサーサイト