FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

花田学園スポーツ医科学フェスティバル2019
バスケットボールトレーナーセミナー


--JATI認定資格継続単位・NSCA継続教育単位(CEU)付与セミナー

日程/4月21日(日)

時間/午後1時30分~5時(受付:午後1時)

会場/花田学園3階講堂(東京都渋谷区桜丘町20-1)

主催/花田学園スポーツ医科学フェスティバル事務局

内容/「ACL損傷の診断と治療」 山口 玲(稲波脊椎・関節病院)

「ACL再建術後のリハビリテーション」 清水 結(とつか西口整形外科スポーツ医学センター)

「シンポジウム~慢性膝外傷のコンディショニング」
座長:河原田愛(富士通レッドウエーブ、WJBLトレーナー部会長)、津田清美(花田学園)

PT・AT・ストレングスの立場から
永野康治(日本女子体育大学)
和田桃子(アイシン・エイ・ダブリュ)
小山孟志(東海大学)

対象/スポーツ医・科学に関わる方、スポーツ指導者、これらを目指す学生
    WJBLチーム所属トレーナー

定員/150名(定員を上回る申込みがあった場合、第2会場にてビデオ聴講実施有)

参加費/一般2,000円
      学生(大学生、大学院生、専門学校生)1,000円
* 当日受付にてお支払。学生の方は学生証をご提示

申し込み方法/花田学園アスレティックトレーナーコースHP内の申し込みフォームから申し込む

申し込み締切/4月15日(月)

問い合わせ/花田学園スポーツ医科学フェスティバル事務局
当日連絡先:03-3641-4787・4740
E-mail:hanadaat@gmail.com

スポンサーサイト