FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

東京医科歯科大学スポーツサイエンス機構
TMDU SPORTS MEDICINE SYMPOSIUM 2019
~多職種によるトータル医科学サポートを議論する~


日程/ 3月21日(木・祝)

時間/午後1時~5時

会場/東京医科歯科大学M&Dタワー鈴木章夫記念講堂(東京都千代田区湯島1-5-45)

内容/講演
①「東京2020オリンピック・パラリンピックでのアスリートメディカルサポート」
赤間高雄(組織委員会 メディカルディレクター)

② 「ハイパフォーマンススポーツセンターとしての役割」
奥脇 透(国立スポーツ科学センター スポーツメディカルセンター センター長)
  
③ 「競技団体のメディカルサポート 水泳競技会場におけるメディカルサポート体制」
金岡恒治(早稲田大学スポーツ科学学術院 教授)

④「選手村総合診療所ポリクリニック 理学療法部門について」
片寄 正樹(札幌医科大学 保健医療学部 教授、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会医療サービス部 アドバイザー)
 
⑤「選手村総合診療所ポリクリニック 整形外科部門について」
柳下和慶(東京医科歯科大学 スポーツ医歯学センター センター長)
   
⑥ 「トレーニング部門と選手村総合診療所との連携について」
鈴木 岳(日本オリンピック委員会(JOC)情報・医科学専門部医学サポート部員、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会大会準備運営第一局(医療)アドバイザー、株式会社R-body project 代表取締役)

講演者による総合討論・パネルディスカッション

定員/400名(先着順)

対象/原則として、以下Ⅰ~Ⅶのいずれかの要件を満たす者とする。
Ⅰ 医師免許を有する者
Ⅱ 歯科医師免許を有する者
Ⅲ 理学療法士(PT)の資格を有する者
Ⅳ アスレティックトレーナー(NATA-ATCまたはJASA-AT)の資格を有する者
Ⅴ トレーニング専門職(NSCAまたはJATIが認定する資格)の資格を有する者
Ⅵ 上記領域を専門とする学生
Ⅶ その他(アスリートサポートに携わる者)

参加費/3,000円
*納入された参加費は、理由の如何を問わず一切返金致しません。

募集期間/1月24日(木)~3月8日(金)
*定員になり次第締め切り

申し込み方法/東京医科歯科大学スポーツサイエンス機構ホームページ上からWEB申請

問い合わせ/東京医科歯科大学スポーツサイエンス機構事務局
(東京医科歯科大学医学部附属病院総務課 内) 
TEL:03-5803-5097
FAX:03-5803-0110
E-mail:tmdu_sso.adm@tmd.ac.jp



スポンサーサイト