FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

月刊スポーツメディスン 第209号(4月号)発売のお知らせ

特集「ジョーンズ骨折── 研究会の活動、治療・予防・検診、現場での対応例」

サッカー選手に多くみられる第5中足骨の疲労骨折は、「ジョーンズ(Jones)骨折」として知られている。日本ではこの骨折に悩む選手が少なくないが、海外ではサッカーの場合、ACL損傷のほうが多いという。今回は、このジョーンズ骨折にフォーカスした「Jones骨折研究会」(代表:齋田良知先生)に取材し、研究会の活動や、ジョーンズ骨折の治療、予防、検診などについて下欄の先生にも詳しく聞いた。また、現場の例として、ジェフユナイティッド市原・千葉の秋吉直樹フィジオに現場でのリスクマネジメントまたエクササイズについて紹介していただいた。

1. Jones骨折の発生要因と予防
齋田良知・順天堂大学医学部整形外科学講座 講師、Jones骨折研究会代表
西尾啓史・順天堂大学 整形外科スポーツ診療科、Jones骨折研究会事務局
稲葉晃子・ロマージュ株式会社代表、米国公認ATC

2. Jones骨折の手術法とその考え方
齋田良知・順天堂大学医学部整形外科学講座 講師、Jones骨折研究会代表
西尾啓史・順天堂大学 整形外科スポーツ診療科、Jones骨折研究会事務局

3. Jones骨折検診で完全骨折を食い止める
立石智彦・同愛記念病院 関節鏡・スポーツセンター
植木博子・東京医科歯科大学整形外科

4. ジェフユナイテッド市原・千葉におけるJones骨折へのアプローチ
秋吉直樹・医療法人社団淳英会おゆみの中央病院リハビリテーション部、ジェフユナイテッド市原・千葉フィジオセラピスト、理学療法士・保健医療学博士

※ブックハウス・エイチディHPよりお求めいただけます。
スポンサーサイト



第2回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム

日程/10月6日(日)

時間/午前8時50分~午後5時

会場/京王プラザホテル(東京都新宿区)

主催/一般社団法人 東京国際スポーツ医学機構
    医療法人社団スポーツメディカル 八王子スポーツ整形外科
    株式会社医進伝新

内容/「Return to Play」を予定しており、スポーツ脳振盪に関する海外招待講演、肩脱臼術後競技復帰に関するランチョンディスカッション、スポーツビジネス・アスリートセッションなど、多彩な講演内容
*プログラム詳細は下記HP参照

参加費/ドクター:アーリーエントリー18,000円(レイトエントリー 22,000円)
      コメディカル:アーリーエントリー11,000円(レイトエントリー 15,000円)

申し込み期間/アーリーエントリー:5月15日~7月31日
           レイトエントリー:8月1日~9月20日

問い合わせ/第2回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム事務局
TEL.042-686-2337
FAX.042-686-2371
E-mail:info@tokyoism-innovation.org

日本運動器SHOCK WAVE研究会 学術集会 SHOCK WAVE JAPAN 2019
――Shock Wave治療の優位性と今後の展望‐クリニックからスポーツ現場まで


日程/7月21日(日)

時間/午前9時~午後4時 (受付:午前9時~) ※終了時間は予定

会場/大崎ブライトコアホール(東京都品川区北品川5丁目5-15 大崎ブライトコア3F)

主催/日本運動器SHOCK WAVE研究会

会長/高橋謙二(医療法人 紺整会 船橋整形外科病院 スポーツ医学・関節センター スポーツ下肢部門部長)

内容/クリニックでの難治例に対する衝撃波治療やスポーツ現場での早期競技復帰に向けての衝撃波治療の優位性を、治療に携わるいろいろな立場からの意見を出し合って議論し、衝撃波治療の今後の可能性を追及していくことを目指す。
※プログラムなど詳細は日本運動器SHOCK WAVE研究会HP参照
※一般演題を募集中。下記研究会HPより申し込む

定員/200名程度(要予約)

受講料/医師7,000円、コメディカル3,000円
※本セミナーへの参加費には、日本運動器SHOCK WAVE研究会の年会費含む
※本セミナーにご参加自動的に1年間の研究会会員として登録

申し込み方法/日本運動器SHOCK WAVE研究会HP内 セミナーページから申し込む

問い合わせ/日本運動器SHOCK WAVE研究会