FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

月刊スポーツメディスン 第209号(4月号)発売のお知らせ

特集「ジョーンズ骨折── 研究会の活動、治療・予防・検診、現場での対応例」

サッカー選手に多くみられる第5中足骨の疲労骨折は、「ジョーンズ(Jones)骨折」として知られている。日本ではこの骨折に悩む選手が少なくないが、海外ではサッカーの場合、ACL損傷のほうが多いという。今回は、このジョーンズ骨折にフォーカスした「Jones骨折研究会」(代表:齋田良知先生)に取材し、研究会の活動や、ジョーンズ骨折の治療、予防、検診などについて下欄の先生にも詳しく聞いた。また、現場の例として、ジェフユナイティッド市原・千葉の秋吉直樹フィジオに現場でのリスクマネジメントまたエクササイズについて紹介していただいた。

1. Jones骨折の発生要因と予防
齋田良知・順天堂大学医学部整形外科学講座 講師、Jones骨折研究会代表
西尾啓史・順天堂大学 整形外科スポーツ診療科、Jones骨折研究会事務局
稲葉晃子・ロマージュ株式会社代表、米国公認ATC

2. Jones骨折の手術法とその考え方
齋田良知・順天堂大学医学部整形外科学講座 講師、Jones骨折研究会代表
西尾啓史・順天堂大学 整形外科スポーツ診療科、Jones骨折研究会事務局

3. Jones骨折検診で完全骨折を食い止める
立石智彦・同愛記念病院 関節鏡・スポーツセンター
植木博子・東京医科歯科大学整形外科

4. ジェフユナイテッド市原・千葉におけるJones骨折へのアプローチ
秋吉直樹・医療法人社団淳英会おゆみの中央病院リハビリテーション部、ジェフユナイテッド市原・千葉フィジオセラピスト、理学療法士・保健医療学博士

※ブックハウス・エイチディHPよりお求めいただけます。
スポンサーサイト