FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

RADIAL SHOCK WAVEセミナー
――RADIAL SHOCK WAVE THERAPYの基礎知識&臨床応用


日程/5月19日(日)

時間/午前9時30分~午後1時30分(受付:午前9時~)
※時間は多少変更する可能性がございます

会場/品川シーズンテラスカンファレンス カンファレンスC(東京都港区港南1丁目2番70 品川シーズンテラス3階)

主催/カールストルツ・エンドスコピー・ジャパン株式会社

後援/日本運動器SHOCK WAVE研究会

協賛/日本メディカルネクスト株式会社、ガデリウス・メディカル株式会社

内容/第2回となる今回のセミナーでは、RADIAL SHOCK WAVEの臨床報告のほか、クリニックでの運用の実際や機器使用時のコツなどにも言及する講演を予定。
また、今回もRADIAL SHOCK WAVEの使用経験豊富なドイツ人ドクターをお招きし、症例報告やデモンストレーションを中心にご講演いただく。
後半にはRADIAL SHOCK WAVEに関するさまざまなトピックスについてのディスカッションを予定

講師/総合座長およびR-SW基礎講師:岩堀裕介(医療法人 三仁会 あさひ病院 スポーツ医学・関節センター長)
海外ゲストスピーカー: Dr. Stephan Swart(Orthopädische Gemeinschaftspraxis)
 ※通訳あり
臨床報告:保田貴三(医療法人 MSMC みどりクリニック 理学療法士)
佐竹勇人(医療法人 和幸会 阪奈中央病院 スポーツ関節協センター 理学療法士)

定員/約50名

参加費/4,000円

申し込み方法/メール(rsw-seminar2019@karlstorz.co.jp)にて申し込む

問い合わせ/カールストルツ・エンドスコピー・ジャパン株式会社
E-mail:rsw-seminar2019@karlstorz.co.jp
スポンサーサイト