FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

ジェルサポーターを活用した整復法とその理論
――上肢編 下肢編


日程/5月25日(土)下肢編
    5月26日(日)上肢編

時間/25日:午後5時~8時
     26日:午後3時~6時

会場/笠井整骨院(大阪市平野区背戸口4-6-19)

内容/足関節用ジェルサポーターでありながら、下肢だけでなく肘関節、手関節などの上肢の整復にも使用可能な応用範囲の広いジェルサポーターを使用した整復法とその理論を学ぶ上肢編。

遭遇頻度の高い足関節をはじめ、リスフラン関節、外反母趾などの鑑別から実際の整復法を学ぶ下肢編。

講師/笠井浩一(笠井整骨院、㈱エイチ・サポート代表)

定員/15名

参加費/無料

申し込み方法/WEBサイトより申し込む

問い合わせ/株式会社エイチ・サポート
TEL & FAX:06-7502-3159

スポンサーサイト