FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

「スポーツ医学コミュニティー」創設のお知らせ
――第2回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム


2019年10月6日(日)、 京王プラザホテル(新宿)にて開催される「第2回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム」。

今回、「第2回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム」の開催にあわせ、「スポーツ医学コミュニティー」創設が発表されることになった。

ご興味のある方は是非、「第2回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム」にご参加ください。

第2回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム
早期受付期間 :5月13日(月) ~ 8月20日(火) 23:59
通常受付期間 :8月21日(水) ~ 9月30日(月) 23:59
※早期受付期間の締め切りが迫っておりますので、参加希望される方はお早めにお申し込みください。



「スポーツ医学コミュニティー」
――第2回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム事務局より

職種や学閥を超えた「スポーツ医学」を純粋に追求したい人たちの集まれる場を作ります。

・スポーツ医学に関するあらゆることに興味がある。
・どうやって勉強したら良いか分からない。
・学校に通う時間とお金がない。
・分からないことを質問できる場が欲しい。
・スポーツに関わる色々な職種の人たちの意見を聞いてみたい。

このように感じている方はいませんか?

個人でできることは限られています。アスリートのために全ての職種が力を合わせ、お互いに勉強討論し日々ステップアップするためのコミュニティーが日本にはまだ存在しません。

この新しい試みのスタートを10月6日の「第2回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム」に合わせるべく、現在コアメンバーでコミュニティー創設の準備をしています。

対象は「スポーツ医学」に関心がある方であれば、職種、経験などは一切問いません。
ドクター、コメディカル(看護師、理学療法士、アスレティックトレーナー、放射線技師、柔道整復師、鍼灸師、マッサージ師、心理療法士、管理栄養士、各種セラピストほか)、コーチ、監督、アスリート、スポーツ愛好家、学生、一般人など

10月6日の国際フォーラムの時に詳細をお伝えできると思います。

フォーラムの参加者は、そのままコミュニティー登録可能となるようにする予定です。
賛同してもらえる方は、是非初期メンバーとして一緒にコミュニティーを作り上げていきましょう。

問い合わせ/第2回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム
E-mail:info@tokyoism-innovation.org
スポンサーサイト